FC2ブログ
2009年02月06日 (金) | Edit |
ヨドバシドットコムで何か良いアンプは無いものかと、プリメインアンプの項目を開いて「価格安い順」に並べ替えたことろいきなり先頭にありました(つまり一番安い)。

KENWOOD製のKA-S10というやつです。MP3プレーヤーなどの出力レベルの低い装置用に特別に感度の高い入力を備えています。しかも値段は余裕で2万円を切ります。とてもコンパクトでディスプレイの下に置けるし。

007b.jpg

KENWOOD KA-S10


2万円台にはマランツとかの有名オーディオブランドのアンプもありますがデカイ。横幅40cm超えです。KENWOODのはたった17cm。後で実際にお店で見ましたが、このご時世にギャグとしか思えない程にデカイのがずらーっと並んでました。音質云々以前に即失格。ゼンゼン問題外。

3万円台にも良さそうなのがありました。アメリカ製のNuForce Iconというヤツです。KENWOODよりさらに小型でデザインがナイス。しかも4色から選べる。さらにUSB DAC内蔵!。入力の感度も高そう。イカスゼIcon!!
150.jpg
Nuforce Icon


この2機種に絞ってネットで評判を調べたところ、KENWOOD製は作りもしっかりしていて普通にOKそう。NuForce社は高級デジタルアンプで定評のあるメーカーで、Iconは同社としては超低価格設定の戦略的最新機種らしく、ネット上での評価もとても高い。でも価格がKENWOODの2倍もするのと、スピーカー ケーブルにLAN用のネットワーク ケーブルを使用するという一寸アブナ気な設計が気になったので最終的にKENWOODに決定。

KENWOOD KA-S10を使ってみた感想ですが、僕の求める音質レベルであれば問題は全くありません。

009b.jpg
小さいけど高級感があります。
D AUDIOというのが高感度入力です。
右側のつまみは低音ブースト用です(赤い▲は自分で貼った)。

 
ケーシングには4mm厚のアルミ板を使用し、スピーカー端子もバナナプラグが使える高級タイプです。小さいけど高級感は十分。購入前は気にしていなかったのですが、サブウーハー用の出力端子が付いているので、後でサブウーハーを簡単に接続できました。良いお買い物だったと言えましょう。

高感度入力のおかげでMP3プレーヤーからの信号も元気よく鳴らしてくれます。出力はたった12 W/chしかありませんが、ボリュームは9時の位置で十分です。多分2 Wも使っていません。

これでスピカは元気に鳴るようにはなったのですが、やはり細かいところが聴き取りにくいのに変わりはありません。特に低音がモゴモゴブワブワ。。ゼンゼン駄目。

という事で、カナル型イヤフォンなみに聴きやすい音楽再生を目指してスピーカーを改造する事にしました。

にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ

ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用