FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年08月27日 (火) | Edit |
ネットラジオ局は星の数ほどありますが、僕が最もお勧めするのは AccuRadio(コチラ)です。全てのジャンルを極めて多数のチャンネルで網羅しており、完全無料サービスですが鬱陶しい宣伝も殆ど入りません。

最近またAccuRadioをよく聴くのですが、なんだか以前よりも音質が良くなったような気がします。

ラジオ局によっては、比較的高いビットレートでも、特にクラシック曲(バイオリン等)で音質の劣化に違和感を覚える事があります。しかし、AccuRadioでは、クラシック チャンネルをモニタヘッドフォン(有線)で聞いても、そのような違和感を殆ど覚えた事がありません。交響曲でも十分ヤン!という感じ。ただし、この局のクラシック チャンネルでは、1曲の全楽章が通しで流れないので滅多に聴きません。これは改善して欲しいですね。

AccuRadioのビットレートやコーデックは明確には公表されていないのですが、同局のFAQページを見ると、32kbpsでストリーミングしているという局側からのコメントが見つかりました。たったの32kbps???音質が良いので、ちょっと俄には信じがたい値ですが、HE-AAC等の高度なコーデックを使用しているものと思われます。

これらのコーデックの音質評価には、ITU-R (国際電気通信連合 無線通信部門)が定義する各種の主観品質評価法(多数の被験者によるブラインドテスト)が使われます。特に、オーディオの圧縮コーデックの評価にはMUSHARA (ITU-R BS.1534)という評価法が使われるそうです(詳しくはコチラ参照、以下抜粋)。

MUSHRA法では、一度にリファレンス音(原音)と複数の評価対象音、隠れ基準(リファレンス音)、隠れアンカー(最も劣化の大きな音)を提示でき、評価者が自由に切り替えて聞くことができる。リファレンス音以外の提示の順番はランダムに変わり、どれが隠れ基準/隠れアンカーかも分からない。評価は5段階の連続品質尺度を用い、平均オピニオン評点の「非常に良い(Excellent)」~「非常に悪い(Bad)」までの段階を 100 から 0 までの連続値で表す。

以下はジャズ専門ラジオ局JazzRadio (コチラ)の設定画面に記載されていた各コーデックの音質レーティングです。
40kbps HE-AAC: Good (無料サービスはコレのみ、他のは有料)
64kbps HE-AAC: Good
128kbps HE-AAC: Excellent
256kbps MP3: Excellent

MP3 256kbpsはExcellentに格付けされています。以前にも書きましたが、僕はモニタヘッドフォンで真剣に比較視聴してもWAVと256kbps MP3の違いは分かりませんでした。なのでこの「Excellent」ランクには納得できます。128kbps MP3はなんとか聞き分けられましたが192kは試していないので分かりません。

HE-AACだと128kbpsでExcellentにランク付けされています。このように、HE-AACは高い圧縮比でも主観的音質の劣化は少ないとされます(詳しくはコチラ、以下抜粋)。

HE-AAC v1 では、そのレートより若干低いAAC音声データに SBR と呼ばれる部分を追加して記録している。 行程は、はじめに高周波数部分において、圧縮後のサンプリングレートで失われる周波数以上を抜き出す。このとき、エンコード部分に収まる部分との関連性を調べ、SBR部分の情報として圧縮する。その後、低サンプリングレートで通常通りAACとして圧縮を行う。 そして、この二つのデータをセットにして記録する。 デコードする時にはまず、AACをデコードした上で、SBRを使い高音域を予測して生成したデータを合成し、再生を行う。
「48kbps程度のレートでCDの音質を実現している」とされる。48kbpsでMUSHRAが80点 (Excellent) である。24kbpsでは HE-AAC v2 で Good である。全てのビットレートで AAC < HE-AAC v1 < HE-AAC v2 と音質が改善されている。


HE-AACにはv1とv2があり、v2では48kbps以下の音質が改善されているそうです(上記によると48kbpsでCDレベルのExcellent、ホンマ?)。上記の内容からすると、JazzRadioのHE-AACはv1かもしれません。また、AccuRadioがv2を採用しているとすると、32kbpsという値も十分に現実的であるように思えます。AccuRadioの音質がなんだか良くなったように聞こえるような気がしないでもないような気がするのは、v1からv2に変わったからなのかな???それとも単なる気のせいかな???

上で述べた主観評価(ブラインドテスト)では、被験者がサンプルを自由に切り換えながら何度でも試聴を繰り返す事ができます。以前の記事で紹介した自動車の車室内音の主観評価試験でも、そのような方法を採りました。このような評価方法は、学術目的等、正確で公正な結果を公にする場合には当然必要となります。ヂャナリズムもね。

しかし、ご存じのように、僕はトッカエヒッカエによる直接的な相対比較を嫌います。「音」ではなく色々な「音楽」を長時間聴いてみて違和感を覚えず快適に楽しめれば基本的にOKと判断します。だって、それが「目的」ですからね。

その意味で、AccuRadioとBluetoothは「僕にとって」全く「OK」です。そりゃぁアンタ、FrieveAudioのWAV再生と直接比較したら、多少の違いはあるでしょうが、単独で聴いて特に違和感や不快感あるいは不自然さとか聴きにくさを感じなければ、つまり十分快適に音楽を楽しめれば、ヨシとするという事です。つまり最終的に、相対比較ではなく単独で絶対的に評価して「OKヤン」とか「エーントチャウ」と判断する事を重視します。このような「自分なりの」絶対的評価軸をある程度持たないと、グルグル相対評価を永遠に続ける事になるでしょう。

LEANAUDIO初期の経験によると、トッカエヒッカエによる直接的相対比較を繰り返すと、非常に微小な差違に必要以上に囚われてしまい、オトの違いをキキワケル事自体が目的になってしまいがちになります。比較すればするほど微小な違いが気になりだし、しまいにはドッチが良い/悪いではなく単に「違う」という領域に突入するでしょう。そして、本来の目的である「音楽をより快適により深く楽しむ」という目的からどんどん離れてしまうでしょう。頂上(大目的)の方向を見失った樹海内の彷徨(相対比較)に陥るという事です。僕は、ある段階でその事に気付き、以来トッカエヒッカエを殆ど止めました。

これは、オーディオに限らず、人間がある目的をもって行動(例えば開発等のプロジェクト)を開始した後、ある段階まで進むと陥りやすい状況です。これを僕は「泥沼」とか「富士の樹海」と呼びます。彷徨する事自体を趣味として楽しむのでなければ、つまりオーディオ装置を「音楽を日常的により良く楽しむための実用道具」として使うのであれば、その轍を踏む必要はないでしょう。

追記
いわゆる「ハイレゾ」の音質に関しても、上記のような明確な定義に則った評価が行われているのでしょうか?「コーオンシツ」を高らかに謳っているようですが、実際のトコロどうなのでしょうか? CD規格の策定においては、大々的な音質評価が行われたと聞きます。新しい規格のメディアを立ち上げるに際して、それは当然でしょう。ドナンデショウカ???ハイレゾって。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2012年05月18日 (金) | Edit |
以前にも書いたように、コレクションでは聴く曲が淘汰されてきたため、最近はネットラジオを聴く機会が増えています。ZAP BAS君大活躍中。

ジャズを聴きたい時はジャズ専門局のJAZZRADIO.comをよく利用します。時代別、ジャンル別、楽器別等、30チャンネルに分類されており、嬉しい事に最近Bass Jazz (ベースが主役のチャンネル)が追加されました。ここは有料の局ですが、無料でも全てのチャンネルを聴く事ができます。無料の場合、ビットレートは40kbps (HE-AAC)に制限されます。料金を払えば、192kbps(MP3)、128kbps(AAC)、64kbps(HE-AAC)で聴けるようになりますが、iTuneのラジオのリストからアクセスすると64kbpsで聴けるので、普段はiTune経由で聴いています。この局に限らず、アップル社と局の間で何らかの契約があるようで、iTuneからアクセスした方が高ビットレートで聴ける場合が多いようです。

一般的にMP3形式の音楽ソースの場合、128kbps以上のビットレートが普通だと思うのですが、この局の場合64kbpsという極端に低いビットレートでもたいして問題を感じません。「音質」なんか意識せずに「音楽」を普通に聴く分には、無料でも全然OKチャウ? というのが実感です。そりゃぁ、切り換えながら聴き比べれば、違いも分かるのでしょうが、別に「音質」をわざわざ聞き分けたりツイキューしたいわけではないので、必要十分なクオリティで音楽を再生できているように思えます。

このように極端に低ビットレートでも、大して劣化を感じずに聴けてしまうのは、AACあるいはHE-AACというフォーマットの恩恵によるらしい。。。というのが今回のお話です。

まず、「MP3 vs AAC音質比較!」という記事をご一読ください。

MP3の場合、ビットレートを256kbpsより落とすと上限周波数は直線的に低下します。上記のサイトによると、256kbps以上での上限周波数はオリジナルと同じ22kHzですが、128kpbsでは15.2kHz、64kbpsでは8.3kHzまで低下します。

これに対しAACの場合、高ビットレートの上限周波数は20.0kHzと若干MP3に劣るものの、128kbpsで18.7kHz、、64kbpsでも13.5khzと、低ビットレートでの上限周波数は比較的高く維持されています。一方、ファイルサイズ(圧縮率)はMP3とほぼ同等です。AACは、MP3等の従来方式を超える高音質・高圧縮を目的に標準化された方式とされ、低ビットレートほどAACの優位性が顕著に現れるようです。上限周波数だけで音質が決まるわけではありませんが、音楽を再生する場合、少なくとも10kHzまでは余裕で再生する必要があるように思われます(FrievAudioのフィルタでいろいろ試した実感です)。MP3の場合、ぎりぎり最低限96kbpsが必要だという事です。128kbpsが標準的に使われるのも妥当な選択だと思います。

AACでも、128kbpsよりも低ビットレートになると、上限周波数が顕著に低下しますが、この点を改善したのが上記のネットラジオで使っているHE-AAC方式です。この方式では、48kbpsでも17.7kHzまで再生可能なようです(コチラ参照)。ただし、アルゴリズムで高音域を予測して生成しているようで、波形自体がどの程度正確なのかは不明です。

まぁ、何はともあれ、「音質」にやたら集中して聞き分けたりツイキューしたりせず、専ら「音楽」を楽しむのであれば、64kbpsのHE-AACでも十分許容できるんちゃう?というのがハチマルの実感です。

これとは正反対の技術として、20kHzを超える帯域の再生を謳うハイレゾ音源やスーパーツイータがあります。ハチマルの実感では、そのような超高域の再生が必要だとは余り思えません。音楽の内容を成す重要成分は恐らく10kHzそこそこまでと思われ、それ以上の帯域は半ばランダムな付帯的現象であるように思えます。恐らく、あのシュワシュワとした、ちょっと耳にコソバユイようなHi-Fi的風味(ステレオ臭さ)が強調され、例のクーキカンとかフンイキとかケハイとかが演出されるため、そのへんを重視するマニアには喜ばれるという事ではないでしょうか。ハチマルには逆に鬱陶しく感じられます。だってさぁ、一番リラックスして集中できる自分のお部屋で、ヒトリ静かに誰にも邪魔されずに音楽を聴けるのが再生音楽の良いトコロなわけで、そこに会場のザワザワしたライブ感やフンイキやクーキカンやケハイとやらを過剰に持ち込みたくないのよ。「音楽」に集中しにくいし。。自分を取り巻く現実の時間と空間の中で、大好きな「音楽」を楽しみたいという事です。すなわち仮想体験を求めるのではなく、スピーカから再生される音楽を聴いているその場その時の瞬間瞬間が新しく生々しい実体験だという事です。だから基本的にライブ盤はあまり好きではない。

追記1
という事で、音質的には無料でも良いかな?と思うのですが、時々挿入される有料サービスの宣伝ナレーションが鬱陶しいので、お金払ってしまおうかと考えています。$4,99/月、$49/年ですから大した額ではありません。

追記2
Victorの携帯型プレーヤを購入した時に、いろいろなビットレートで圧縮して聴き比べた事があります(MP3)。256kbpsと128kbpsを聴き比べたところ、集中して比べると、256kbpsの方が良いような気もしないでもないような気もしたので、256kbps (またはサイズが同等の320~128kbpsのVBR)で圧縮していました。256kbpsと非圧縮のWAVも比べましたが、違うような違わないような、そもそも、それほど執念を持って「聞き分けよう」という意思が働かないので、よく分かりませんでした。要は、そのヘンの音質のチガイが「音楽」を楽しむ上でさして重要だとは感じられなかったという事です。そんなのより、スピーカの低音不足とかバスレフ型の低音ビートの不自然さの方が「音楽」を聴いていると余程気に障りました。

次回はクラシックを聴く時によく利用する局をご紹介します。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。