FC2ブログ
2013年09月10日 (火) | Edit |
今日は久々のZAPでの実験君結果です。

仕事中にゴニョゴニョやりながら色々聴いてみた結果、ソコハカトナク良さそうな設定が見つかったので、計測してみました。

まずはツイータ正面で計測した周波数特性です。DAYTONのOmniMic V2計測システムを使いました。このマイクにはメーカーからダウンロードした校正ファイルを適用しています。
jikujo.jpg
軸上約20cmの距離で計測しました。ピンクは2.2μFのコンデンサを直列に接続した特性。青はFrieveAudioで約8kHzの急峻なデジタルHPFを適用した特性です。10kHz以上で特性が右下がりですね(10kから20kで5dB強低下)。

下はFOSTEX FT17Hのカタログデータです。
ftoku_20130910095918e8c.jpg
こちらでもやはり10kから20kにかけて同程度低下しています。計測結果は正しいみたいですね。

次はFrieveAudioで再生した場合のリスニング位置での計測結果です。

条件は以下の通りです。
○ツイータ
- ZAP君の上に上向きに設置(前記事参照)
- 直列コンデンサには2.2μFを使用
- アンプのボリュームはサブウーハで決まるので、ツイータのレベルは聴感を頼りにDACソフトウェアで-9.5dBに調整

○FrieveAudio
- サブウーハにSWチャンネル、ツイータにCチャンネルを使用したフルデジタルの帯域分割
- Alpair 6M(L/R)にはLPFを適用しない(従ってツイータはアドオン)
- L/RのF特補正は8kHzまで適用(いつもの標準設定)
- ツイータのHPFには8kHz以下を最大減衰率で急峻にカットする絶壁フィルタを適用

リスニング位置での結果です。
Frieve 1
グレーがツイータなし(F特補正は8kHzまで)、青がツイータON(上向き設置)、赤がツイータON(正面に向けて設置、レベル設定は青と同じ-9.5dB)です。8kHz以上でツイータがAlpair6Mの高域を補っています。色々試した結果、この設定(青)でソコハカトナク良い感じに聞こえました。

最後にツイータ上方の棚板による反射効果を確認しました。

ツイータの上方約40cmの位置にタマタマ棚板があり、この反射を利用しています。
tana.jpg
棚板の反射効果を確認するため、写真のように吸音材を1枚取り付けてみました。

下がリスニング位置でのF特です。
Frieve 2
グレーがツイータOFF、青がツイータON(上向き設置)、緑がツイータON+吸音材です。棚板君が頑張って働いている事は一目瞭然ですね。このように普通の板でも結構効率良く音を反射してくれます。

という結果でした。この設定で暫く聴いてみたいと思います。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2013年09月08日 (日) | Edit |
急に涼しくなりましたね。またZAP君の出番が多くなりそうです。

ドアを閉めれば計測用の信号ノイズも遠慮なく出せるようになるので、ZAP君強化作戦を始動しました。

現状でも全く満足しているのですが、サブウーハ用に使っているDAYTONアンプの片チャンネルが無駄になっている事が以前から気になっていたのと(貧乏性!)、ブログネタを捻り出すために(100万ヒットまではなんとか続けたい!)、本格的なスーパーツイータをモノラルで追加してみる事にしました。

アンプの片チャンネルの有効利用としては、Alpair10をダブルにしてプッシュプル化する計画もあるのですが、箱を作るのが面倒なのでいつまでたっても実行に移せません。なので、5.1ch DACのセンターチャンネル出力を使って、てっとりばやくモノラル スーパツイータを追加してみよう!というのが今回の魂胆です。オンヂョは殆ど意識しないので、モノラルで十分でしょう。

スーパーツイータにはFOSTEXのFT17Hというヤツを選びました。フルレンジスピカに手軽にアドオンできるお手頃価格の定番品です。40kHzまでレスポンスが延びているので超高域効果の確認にも使えそうです。
01_ft17h_main.jpg
FOSTEX FT17H
~40kHz、96dB


昨日はコンデンサの容量や設置場所を変えながらアレコレやってみました。

で、現在はこのような状態です。ナンヂャコレ?って感じでしょ?
_1000350.jpg
最初はZAP君の上に正面を向けて置いたのですが、ニアフィールドという事もあってかジャズではチッチキとキツク聞こえ過ぎるのと、目の前で見た目が鬱陶しいのとで(これ重要!)、暫定的にこんな感じに落ち着きました。ツイータの上方約40cmの位置に棚板があるので、その反射を利用しています。配線にはミノムシクリップを使ったままですから、まだまだイロイロ試せますよ。

アンプのボリュームはサブウーハで合わせ、ツイータのレベルはDACのソフトウェアで調整します。ですからアッテネータは不要です。保護用にコンデンサ(0.47μF)を付けています。なお、この上向け状態だと、レベル調整なしでもリスニング位置で丁度フラットな特性が得られます。正面を向けた場合はDACソフトウェアで-10dB程度に設定する必要がありました。

FrieveAudioの絶壁フィルタを使ってAlpair 6Mと10kHzでスパッとクロスさせています。

さて、ざっと聞いてみた感想ですが、別に前のママでもエーントチャウ?という感じ。。。かな?

まぁ、これからイロイロ試して見ましょう。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用