FC2ブログ
2013年02月26日 (火) | Edit |
iTuneライブラリがやっと完成しました!

結局全てAppleロスレスで圧縮しました。WAVに比べてサイズが約1/2+α程度に縮小されるため、iPodクラシック(実質140数GB)に全コレクションを納める事が出来ました。将来64GB程度のメモリ式iPodを使う場合は、同期の時に圧縮できます。

今回は我が家のアチコチに散在していたCDコレクションをかき集めて再チェックし、何枚かは追加でリッピングしました。コルトレーンのライブ盤が1枚見つかったのが何よりの収穫。あとはスティング、U2、トーキングヘッズ等ジャコの死後JAZZがあまりにツマラナイので80年代後半から90年代前半にかけてよく聴いたロック系のCDも一応追加しておきました。ジミさんを聴き始めたのもその頃です。

ビトルズを聴き始めたのが15才頃ですから、もうすぐ40年。ジャズを主に聴いてきましたが、大学時代の片っ端に聴いたテープコレクションからCDへの変換期に好みのアーチストさんが大幅に絞り込まれました。その後も引っ越しのたびにツマラナイCDを何度か捨てたりもしました(ジャケとかケースがボロボロなので売る事ができない)。そんなこんなで僕のCDコレクションは現在下図のような状態です。一部ツタヤさんでレンタルしたのもありますし、もう捨てよかな?と思ったツマラナイのも残っています。
itune1_20130226040732.jpg
itune2_20130226040736.jpg
itune3_20130226040740.jpg
itune4_20130226040744.jpg
itune5_20130226040749.jpg
なんだか嬉しいアートワーク。。
下の方は数少ないクラシックのCDです。その中でもベトベンのチェロソナタとバッハの無伴奏チェロ組曲が多くを占めています。その他ブラームスとかチャイコフスキーとかなんだかんだ定番物は持っているのですが(モーツアルトが一枚も無いのには驚く)、クラシックはタグのデータベース化が面倒クサイので止めました。まず聴かないと思います。
そして最後尾にベトベンのお顔がずらっと並びます。ベトベン全集を除くと269枚/10.4日/76.59GB(Appleロスレス)でした。ベトベン全集を含めた全容量は約90GBです。

以下、主立ったアーチストさん(ジャズ・ロック)をアルファベット順に挙げてみます(カッコ内はCD枚数)。

ビートルズ(8):全ての始まり、リボルバ~白が好き
ビル・エバンス(1):Walts for..がやたら人気なので買ってみた、普通のジャズ
ビリー・ハーパー(2):「ソーラン節」は長年の愛聴盤
セシル・テイラー(4):激アバンギャルドだけど聴いてしまう
チャールス・ミンガス(3):「直立猿人」だけでヨイカナ
チャーリー・ヘイデン(4):長年の愛聴盤「Closeness」だけでヨイカナ
ドン・チェリー(5):これもアバンギャルドだけど最近トッテモはまっている
ジョージ・ベンソン(3):好きなのだが良い盤が出ていない
ハービー・ハンコック(9):なんとなくタクサン持ってる
ジャコ・パストリアス(23):僕の永遠のヒーロー!
ジミ・ヘンドリックス(9):ジャコに次ぐヒーロー
ジョン・コルトレーン(9):どの盤を聴いてもズシッと充実!いや、サスガ
キース・ジャレット(8):今はケルンとバッハ以外あまり聴かない
マドンナ(8):今リアルタイムで追いかけている唯一のアーチスト
マリア・カラス(3):マドンナとカラスは僕のヒロイン
マイルス・デイビス(23):いやもう、黄金5時代はJAZZ全史中サイコー!
オーネット・コールマン(8):どの盤も満遍なくよく聴く
オスカー・ピーターソン(4):ツタヤに沢山あったので借りてみた、普通のジャズ
ピンク・フロイド(10):ロックでは一番聴き応えアリ
ポール・チェンバース(3):Bas on Topダケデヨイ
ロン・カーター(3):バッハしか聴かない
サンタナ(5):全部ツタヤ、Abraxasダケデヨイ
ソニー・ロリンズ(1):Saxophone Colossusしかないけど良く聴く
スティング(4):JACOの死後しばらく良く聴いた
トーキングヘッズ(2):同上
セロニアス・モンク(7):どの盤も良く聴く
U2 (4):Jacoの死後しばらく良く聴いた
ウェイン・ショータ-(5):なんとなく持っている
ウェザーリポート(14):文句なし70年代最強ジャズバンド(ヒュージョンじゃナイヨ)
ウェス・モンゴメリ(5):ジャズギタリストで一番好き!
ウィントン・ケリー(2):ツタヤで借りてみた、普通のジャズ
山下洋輔(3):トリオ時代のLPをデジタル化したいなぁ。。

酒場で聴くようなムーディーで瀟洒なジャズはCD化の際に除外されて殆ど残っていません。それと50年代のアドリブバトル系の多くも落ちてしまいました。残ったのは命削るような血マミレのドロドロだけど知的に洗練された60年代以降の俺様探求系という傾向でしょうか。女性ジャズボーカルは何枚か持っていますが殆ど聴きません。なんかエロくて脂っこくて取って喰われそうで嫌い。唯一例外はビリーホリデーのベスト盤。これは良く聴く。エロくないし大好き。

iPodのCover Flow画面
ipod.jpg
ボリュームのスライダをクルクルするとアルバムイメージがパタパタと変わります。レコード屋さんでジャケを見ながらLPを選ぶような気分。

絵(アイコン)で直感的に選べるアルバム アートワークは、見た目の楽しさだけでなく、予想以上に実用的効果が高い事を実感しました。単なるリストだとつい見落としがちなアルバムにも手が伸びて再認識したり、新しい発見があったりします。おかげでFrieveAudioは全くは使わなくなってしまいました。これからのオーディオシステムを考える上で、このようなソフトウェア(ヒューマン インターフェイス)面が非常に重要だと思います。もちろん基本中の基本の真面目な音楽再生クオリティがまず第一に重要なのは当然ですが、やたらコマケー表層的オンシツを追いかけマースよりも遙かに重要でしょう(それと、シツコイですが小型化とデザイン、価格もね)。音楽を楽しむための道具として、まだまだ洗練されるべきトコロは山ほどあると思います。

追記
さて、実験君を再開しないとね。。。腰が重い。。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト