FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年08月27日 (火) | Edit |
ネットラジオ局は星の数ほどありますが、僕が最もお勧めするのは AccuRadio(コチラ)です。全てのジャンルを極めて多数のチャンネルで網羅しており、完全無料サービスですが鬱陶しい宣伝も殆ど入りません。

最近またAccuRadioをよく聴くのですが、なんだか以前よりも音質が良くなったような気がします。

ラジオ局によっては、比較的高いビットレートでも、特にクラシック曲(バイオリン等)で音質の劣化に違和感を覚える事があります。しかし、AccuRadioでは、クラシック チャンネルをモニタヘッドフォン(有線)で聞いても、そのような違和感を殆ど覚えた事がありません。交響曲でも十分ヤン!という感じ。ただし、この局のクラシック チャンネルでは、1曲の全楽章が通しで流れないので滅多に聴きません。これは改善して欲しいですね。

AccuRadioのビットレートやコーデックは明確には公表されていないのですが、同局のFAQページを見ると、32kbpsでストリーミングしているという局側からのコメントが見つかりました。たったの32kbps???音質が良いので、ちょっと俄には信じがたい値ですが、HE-AAC等の高度なコーデックを使用しているものと思われます。

これらのコーデックの音質評価には、ITU-R (国際電気通信連合 無線通信部門)が定義する各種の主観品質評価法(多数の被験者によるブラインドテスト)が使われます。特に、オーディオの圧縮コーデックの評価にはMUSHARA (ITU-R BS.1534)という評価法が使われるそうです(詳しくはコチラ参照、以下抜粋)。

MUSHRA法では、一度にリファレンス音(原音)と複数の評価対象音、隠れ基準(リファレンス音)、隠れアンカー(最も劣化の大きな音)を提示でき、評価者が自由に切り替えて聞くことができる。リファレンス音以外の提示の順番はランダムに変わり、どれが隠れ基準/隠れアンカーかも分からない。評価は5段階の連続品質尺度を用い、平均オピニオン評点の「非常に良い(Excellent)」~「非常に悪い(Bad)」までの段階を 100 から 0 までの連続値で表す。

以下はジャズ専門ラジオ局JazzRadio (コチラ)の設定画面に記載されていた各コーデックの音質レーティングです。
40kbps HE-AAC: Good (無料サービスはコレのみ、他のは有料)
64kbps HE-AAC: Good
128kbps HE-AAC: Excellent
256kbps MP3: Excellent

MP3 256kbpsはExcellentに格付けされています。以前にも書きましたが、僕はモニタヘッドフォンで真剣に比較視聴してもWAVと256kbps MP3の違いは分かりませんでした。なのでこの「Excellent」ランクには納得できます。128kbps MP3はなんとか聞き分けられましたが192kは試していないので分かりません。

HE-AACだと128kbpsでExcellentにランク付けされています。このように、HE-AACは高い圧縮比でも主観的音質の劣化は少ないとされます(詳しくはコチラ、以下抜粋)。

HE-AAC v1 では、そのレートより若干低いAAC音声データに SBR と呼ばれる部分を追加して記録している。 行程は、はじめに高周波数部分において、圧縮後のサンプリングレートで失われる周波数以上を抜き出す。このとき、エンコード部分に収まる部分との関連性を調べ、SBR部分の情報として圧縮する。その後、低サンプリングレートで通常通りAACとして圧縮を行う。 そして、この二つのデータをセットにして記録する。 デコードする時にはまず、AACをデコードした上で、SBRを使い高音域を予測して生成したデータを合成し、再生を行う。
「48kbps程度のレートでCDの音質を実現している」とされる。48kbpsでMUSHRAが80点 (Excellent) である。24kbpsでは HE-AAC v2 で Good である。全てのビットレートで AAC < HE-AAC v1 < HE-AAC v2 と音質が改善されている。


HE-AACにはv1とv2があり、v2では48kbps以下の音質が改善されているそうです(上記によると48kbpsでCDレベルのExcellent、ホンマ?)。上記の内容からすると、JazzRadioのHE-AACはv1かもしれません。また、AccuRadioがv2を採用しているとすると、32kbpsという値も十分に現実的であるように思えます。AccuRadioの音質がなんだか良くなったように聞こえるような気がしないでもないような気がするのは、v1からv2に変わったからなのかな???それとも単なる気のせいかな???

上で述べた主観評価(ブラインドテスト)では、被験者がサンプルを自由に切り換えながら何度でも試聴を繰り返す事ができます。以前の記事で紹介した自動車の車室内音の主観評価試験でも、そのような方法を採りました。このような評価方法は、学術目的等、正確で公正な結果を公にする場合には当然必要となります。ヂャナリズムもね。

しかし、ご存じのように、僕はトッカエヒッカエによる直接的な相対比較を嫌います。「音」ではなく色々な「音楽」を長時間聴いてみて違和感を覚えず快適に楽しめれば基本的にOKと判断します。だって、それが「目的」ですからね。

その意味で、AccuRadioとBluetoothは「僕にとって」全く「OK」です。そりゃぁアンタ、FrieveAudioのWAV再生と直接比較したら、多少の違いはあるでしょうが、単独で聴いて特に違和感や不快感あるいは不自然さとか聴きにくさを感じなければ、つまり十分快適に音楽を楽しめれば、ヨシとするという事です。つまり最終的に、相対比較ではなく単独で絶対的に評価して「OKヤン」とか「エーントチャウ」と判断する事を重視します。このような「自分なりの」絶対的評価軸をある程度持たないと、グルグル相対評価を永遠に続ける事になるでしょう。

LEANAUDIO初期の経験によると、トッカエヒッカエによる直接的相対比較を繰り返すと、非常に微小な差違に必要以上に囚われてしまい、オトの違いをキキワケル事自体が目的になってしまいがちになります。比較すればするほど微小な違いが気になりだし、しまいにはドッチが良い/悪いではなく単に「違う」という領域に突入するでしょう。そして、本来の目的である「音楽をより快適により深く楽しむ」という目的からどんどん離れてしまうでしょう。頂上(大目的)の方向を見失った樹海内の彷徨(相対比較)に陥るという事です。僕は、ある段階でその事に気付き、以来トッカエヒッカエを殆ど止めました。

これは、オーディオに限らず、人間がある目的をもって行動(例えば開発等のプロジェクト)を開始した後、ある段階まで進むと陥りやすい状況です。これを僕は「泥沼」とか「富士の樹海」と呼びます。彷徨する事自体を趣味として楽しむのでなければ、つまりオーディオ装置を「音楽を日常的により良く楽しむための実用道具」として使うのであれば、その轍を踏む必要はないでしょう。

追記
いわゆる「ハイレゾ」の音質に関しても、上記のような明確な定義に則った評価が行われているのでしょうか?「コーオンシツ」を高らかに謳っているようですが、実際のトコロどうなのでしょうか? CD規格の策定においては、大々的な音質評価が行われたと聞きます。新しい規格のメディアを立ち上げるに際して、それは当然でしょう。ドナンデショウカ???ハイレゾって。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2012年09月24日 (月) | Edit |
最近はAccuRadioというラジオ局をよく利用しています。

accuR.jpg
全ジャンルを表示した状態。各ジャンルの下に多数のチャンネルがあります。でも結局、最近は、ジャズとベトベンしか聴きません。。。

以前紹介したJazzRadioとCalmRadioは1月だけ有料サービスを試したのですが、このAccuRadioを見つけたので今は全く利用していません。

AccuRadioの良いトコロ
1) 完全無料サービス(有料サービスはないので鬱陶しい宣伝が入らない)
上記の有料局は、お金を払わないと頻繁に宣伝が入って非常に鬱陶しい。

2) 全てのジャンルを網羅し、各ジャンルのチャンネル数も非常に多い
チャンネルの多さは上記の有料局の比ではありません。特にジャズチャンネルが充実しているのが僕には嬉しい。
例えば、ウェインショーター作曲の曲だけを集めたチャンネルもあります。ショーターさんの演奏そのものは大して好きではないのですが、彼が作った曲には好きなのが多いので僕には非常にありがたいチャンネルです。クラシックも充実していますよ。でも、例によって聞くのはほとんどベトベンのチャンネルだけですけどね。。

3) 好きなチャンネルを複数選んでミックスできる
複数のお気に入りチャンネルをミックスした自分だけのチャンネルを作れます。これは便利! さらに、嫌いな曲や嫌いなアーティストを除外してくれる機能まであります。

携帯機器用のアプリも無料でダウンロードできます。もちろんiPadにインストール済みです。

データは64kbpsのMP3らしい(AACではないみたい)のですが、ジャズを聴く分には全く気になりません。クラシック(ベトベン)だと、デスクトップのZAP君で聞くのは少し辛いかな。。と感じる事もあります(TU870を使った方が良いかも)が、ベトベンの曲を聞く時は他のクラシック曲を聴く時ほど音質が気になりません。まぁ、好きだからなのでしょうね。。意識がベトさんにアクセスしようとするのでオトそのものがあまり気にならないのかもしれません。クラシックの場合、同じビットレートでも局によっては酷く音質が悪く聞こえる場合もあります。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。