FC2ブログ
2013年02月03日 (日) | Edit |
前の記事からの続きです。

FrieveAudio + ASIO4ALLで再生するとサウンドブラスタのチャンデバ機能が働かずサブウーハから音が出ないという件ですが、結局それがアタリマエなのかもしれません。FrieveAudio自体は全く問題なく動作しています。

いろいろやってみたところ、ASIO4ALLで出力すると、サウンドブラスタのソフトウェア設定が全く効果を持たない事がわかりました。チャンデバだけでなくグライコも各種エフェクタ(SmartVolume等)も一切効きません。つまりソフトウェア処理が全てバイパスされているという事です。ただし、DAC本体のマスタボリュームだけは使えます。

考えて見れば、ASIOは本来、途中の処理を全てバイパスして遅延を少なくしようというのが狙いのはずですから、今の状態が正しいのではないか?という気もしないではありません。以前のXP PCではFrieveAudio + ASIO4ALLでもサウンドブラスタ ソフトウェアの全ての効果を使えたので便利だったのですが、そちらの方がASIOの働きとしては変と言えば変なよう気もします。便利だったのですがねぇ。

という事で新しいWin7環境でFrieveAudioを使って2.1ch再生するには、ASIO4ALLを経由せずに標準ドライバに出力してサウンドブラスタ ソフトウェアのチャンデバ機能を使うか、それとも、FrieveAudioのチャンデバ機能を使って帯域分割した後の3チャンネル信号をASIO4ALL経由でDACへ直接出力する事になります。

FrieveAudioでの計測にはASIO4ALLが必須であるため、サブウーハを同時に作動させながらRとLの全域F特を計測する事はできず、L/R/SWを別々に計測する必要があります(参考記事)。これが結構面倒クサイ。

ZAP君は以前から何も変わっていないため、今のところ以前のPCで計測したデータをそのまま使ってFrieveAudioで帯域分割してASIO4ALLで直接DAC入力へ信号を送るという方法で聴いています。理屈上はこの方法が信号クオリティ的にはベストであろうと思われますが、まぁ、例によってワザワザシューチューして聞き分けようとしないので、本当に良いのかどうか僕には違いがヨックワカリマセン。。。。。

ハナシは変わって、
例のDAYTON計測システムが届きました。少しだけ使ってみましたが、ソフトウェアはマイクのオマケ程度の出来という感じです。なんとソフトウェアにテスト信号生成機能が組み込まれていないため、添付CDのテスト信号(サインスイープ等)を再生しながら計測する必要があります。余りにお粗末。。。さっそくリッピングしておきましたが、信号を別のソフトウェアで再生してから計測ソフトウェアの計測開始ボタンを押す必要があるため、とても面倒クサイです。ソフトウェアのUIもあまり良い出来であるとは言えません。少々ガッカリ。。。

このシステムの一番の利点は、マイクロフォンのシリアル番号に基づいてホームページからキャリブレーションファイルをダウンロードして校正できるため、絶対的な音圧レベルを正確に把握できる点にあります。ですから各種フィルタを内蔵した騒音計としても使えます。ソフトウェアの信号解析機能については、おいおい当ブログでご紹介しますので、ご購入を検討中の方は暫くお待ちくださいませ。

ちょこっと計測してみた例です。
Dayton OMNI
高調波歪みの解析画面です。上記のFrieveAudioチャンデバによる再生。この計測では、リスニング位置で75dBA程度になるようボリュームを調整しています。縦軸のdB値は絶対的な値ですが、まだマイクの校正ファイルをDLしていないので正確ではありません。

先週は旧PCで仕事しながら並行して新しいPCのインストール作業を進めたので少々疲れ気味。最近はソフトウェアのライセンス管理が厳しくて、ライセンスキーが不明とか、インストールディスクが見つからなかったりとか、イロイロ大変で疲れてしまいました。もうイヤ!。。。今度PCをアップグレードする頃はもう60才かもしれません。なんだかショック。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2009年02月12日 (木) | Edit |
今回はFrieve Audioの各種設定方法を紹介します。

メインメニューの「設定」から「環境の設定」を選択して各種の設定を行います。ここではASIO4ALLがインストールされてASIOドライバが使用可能となっている状態を想定しています。

まず「オーディオ出力」タブで標準ドライバとASIOドライバのどちらを使用するのかを選択します。せっかくASIOが使用できるのでASIOを選択します。その下では使用周波数を選択します。DenDACでは48kHzまでしか選択できません。
053a_20090807203809.jpg

次に「ASIOドライバ」タブでASIOドライバの設定を行います。
ASIO4ALLが既に認識されています。
051_20090807203842.jpg

「ASIOコントロールパネル」ボタンをクリックすると、ASIOの設定ダイアログが開きます。
052_20090807204027.jpg

オンボードのサウンドデバイスとDenDAC(USB Audio DAC)が認識されています。USB DACの方を選択してから下のスライダでバッファサイズを調整します。このバッファサイズを小さくするほど遅延(レイテンシ)を小さくできます。ただし小さくしすぎるとプチプチと再生音が途切れるので、この現象が出ない範囲で設定する必要があります。再生だけであれば頑張って小さくする必要もないかと思います。デフォルトが512サンプルだったのでそのままの設定で使用しています。スパナのアイコンをクリックすると詳細設定画面が開きますが、通常は全く気にする必要はないようです。

元のダイアログへ戻って「出力デバイスのアサイン」でL.Rチャンネルに対してUSB DACを選択します。
音響特性の測定を行う場合はちょっと設定が異なってきます。それは次回に説明します。

標準ドライバ」タブはASIOを使用しない場合の標準ドライバの選択を行います。ASIOを使用する場合はここでの設定は関係ありません。

リサンプリング(1)」タブではアップサンプリング/ダウンサンプリングの設定を行います。
054_20090807204141.jpg

まだどういう設定がベストなのかよく分かっていませんが、DenDACは48kHzまで出力可能なので出力周波数を48kHzに固定しています。「元の周波数の整数倍にアップサンプリング」は選択してもしなくても整数倍にしかアップサンプリングされないようなので、直接44.1から48へアップサンプリングされるのではなく一旦2倍の88.2kHzまでアップサンプリングされます。別に一切アップサンプリングせずに44.1kHzで出力しても僕の場合違いはよくわかりませんが、せっかくなのでこういう設定にしています。Frieveは192kHzまでのアップサンプリングをサポートしています。やってみましたが、もちろん可能でした。アップサンプリングは後述のHSC程CPUパワーを消費しないようです。

リサンプリング(2)」タブではリサンプリング フィルタの設定が行えますが、詳しい説明もないので一切手を付けていません。作者も分からなければ変更しないように勧めています。

フィルタ」タブです。
055_20090807204231.jpg

問題がなければバッファサイズを変更する必要はないと思います。音が途切れるようであれば大きめに設定にします。図では最大値が設定されていますが、間違って変更してしまったようです。大きくすると操作の反応が遅くなります。
イコライザの「タップ数」とは周波数分割の数に対応しているようです(グライコのバーの数?)。これを大きくするほど急峻な補正が可能になります(分割がより細かくなる)。低音側の凸凹を綺麗に補正するにはデフォルトでは少なすぎたのでかなり大きくしています(リニアスケールで分割される模様)。

「Hyper Sonic Creation」(HSC)は、デジタル化によって失われた高音域(CDの場合は22kHz以上)の信号を擬似的に生成する機能です。昨今スーパーツイータの必要性が取りざたされ、ハーモネータという名称で20kHz~100kHz+αのランダムノイズをソース信号の強弱に同調させながら発生する装置が話題となっているようですが、それに似たような機能をDSPで行ってくれる有り難くも安上がりな機能です。装置一式を買うと10万円以上の出費となります。
スピーカーには小さなスーパーツイータを付けているので、この機能を使用しています。
ただし、この機能はCPUパワーを相当消費するため、CPUに余裕がないと使えません。A,B,Cの三種類が選択可能ですが、Aに比べてB,CはCPUにより大きな負担がかかるようです。作者はCの使用を推奨しています。ただしA,B,Cでアルゴリズムがどう異なるのか一切の説明はありません。Cはソースとの連携がより精密になっているような気がします。

だいたい以上でASIOによる再生が可能となります。
操作とか表示はお好みに合わせてカスタマイズ可能です。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2009年02月12日 (木) | Edit |
Frieve Audioで音場補正を行うにはASIO(アジオ)というオーディオ用ドライバーが必要です。

ASIOは特にDTM(デスクトップ音楽作成)用に開発されたものらしく、信号の遅延(レイテンシー)を飛躍的に短縮する事を主たる目的としているようです。多分、ドラムを打ち込んでから音が出力されるまでに遅延があると困るので、その遅延を短縮するといった目的で用いられるのだと思われます。

しかもASIOを使用すると音楽再生の音質面でも効果が得られます。

PCで普通に音楽を再生すると、信号はカーネルミキサーという部分を経由してサウンドデバイスへ送られるのですが、このカーネルミキサーをチンタラ通過する際にジッターノイズによる音質劣化が発生します。ところがASIOはカーネルミキサーをパスして直接サウンドデバイスへ信号を送るので音質が改善できるといった理屈のようです。以上は「アレコレAUDIO」というサイトを参考にさせていただきました。

ASIOを使用するには、これに対応したサウンドカードが必要です。僕のお仕事PCも音楽PCもASIOには非対応です。しかし、このような場合は「ASIO4ALL」というドライバを使えばASIO機能が利用可能となります。ASIO4ALLはコチラから無料でダウンロードできます。

ASIO4ALL使用時のノイズ低減効果が藤本健氏のDigital Audio Laboratoryに掲載されています。リンク先の記事は現在使用しているONKYOのHDC-1Lという音楽専用PCのレビュー記事です。詳しくはそちらをどうぞ。

038.jpg
039.jpg
1kHzサイン波のスペクトルによる比較
上がASIOなし、下がASIO4ALL使用

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用