FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年09月02日 (月) | Edit |
ヒトが「ナンタラ変えました!カンタラ感がコータラに変わりました!」と自信満々に言う時、そこには必ずプラセボ効果が付きまといます。その影響は、違いが微小であればある程大きくなります。

以前の記事に書いたように、何人たりともプラセボ効果の影響から逃れる事はできません。程度の差はあれどナンピトタリトモです。そして、この影響を排除するにはブラインドテストを実施するしか方法はありません。ソレシカホーホーハアリマセン。薬効の全く無い偽薬でも、医者から「効くから」と渡されると、実際に計測可能な治癒効果が生じる。。。というのが我々ニンゲンの習性です。

公なデータを求める場合、ブラインドテストには統計解析のために多数の被験者が必要となりますが、「自分が」聞き分けられるかどうかを知りたいだけであれば、工夫次第で1人で実施する事も可能です。2人居れば大概の事はできるでしょう。

そのような例として、foober2000のプレイリストでサンプルをランダムに再生するという方法を使って、1人でハイレゾとCDのブラインド比較を行ったという、さるマニアさんの興味深い記事を紹介します。

ブログ「週間:LEDライト」の中の「駄耳証明 ダブルブラインドテスト(二重盲検法)」という記事です。詳しくはソチラをお読みください。

著者は
自分の耳で聴く自宅のオーディオシステムで再生する弦楽四重奏曲では、ハイレゾ音源か否かの区別は付かないことが分かりました。何回も聴いていると、確かに高域が響く輝くまたは少し詰まって聴こえるなど差を感じることがありました。
しかし、テスト結果から考えると錯聴であるとしか考えられません。同じ音が自分の耳には確かに違って聴こえてしまうという不思議な現象が起きることが確認出来ました。

と結論付けています。非常に貴重で興味深い試みであったと思います。

そうなんです。偽の薬でも本当に効いてしまうという「不思議」な現象が我々ニンゲンには発生し得るのです。この著者が特別「駄耳」というわけでは無いでしょう。前の記事で紹介した論文の実験では、音楽の専門家達でもハイレゾを弁別できませんでしたよね。

オヂオマニアの方が音楽家よりもソーチのコマケー音を聞き分けられるなんて意見もありますが、果たしてそれはどうなんでしょうかね。たとえそうであったとしても、マニア達のやっている事を観察すると、オヂオソーチの「オト」をキキワケル耳と音楽を聴く耳では、意識の置き所(どの現象が重要で、どの現象は無視して良いかという焦点の合わせドコロ)がソモソモ異なるように思えます。ですから僕は、これから音楽に親しみ始める青少年少女には(少なくとも自分の息子には)オヂオマニア的な音楽の聴き方を決してして欲しくないと思います。

以前、LEANAUDIOに頂いたコメントにも、「アンプによって音は変わるのがアタリマエと思い込んで(思い込まされて)いたのに、オヂオ仲間で集まってブラインドテストを実施してみると明確には聞き分けられなかった」というのがありましたよね(PDF: ブラインドテストレポート スピーカ再生技術研究会)。
以下著者の結び
今回の試験の結果を考慮すると、雑誌の比較記事のような方法では、差は判別出来ないと考えられる。恐らく、雑誌等の比較テストでは、音量その他の条件が揃えられておらず、また、思い込みの影響が強く出ているのではないだろうか。今回の比較は、ほぼ完全なブラインド状態であり、被験者は事前に答を知ることが出来なかった。そして、大きな価格差のあるシステムを比較したにも拘らず、完全には判別することが出来なかった。このことは、ソースを限定すれば、アンプを変えても聴き分け可能な差がない可能性を示唆している。しかし、音量や試聴ソースを変えれば判別が可能になる可能性も否定できず、追試験は十分に意義があると考える。

ヒヨロンカの発言、雑誌の記事、ブランドイメージ、製品の見た目、製品のスペック、価格、過去の経験等によって我々の感覚は、我々が予想しているよりもずっと大きな影響を受けます。例えば、試聴会かなにかで、非常にカリスマ性のある人物または権威のある人物が、チョイト何かを変えたフリをして満面の笑みをたたえながら「ホラ、全然違うでしょう!」と自信満々に言えば、その場に居合わせた少なからぬヒトビトが実際にそのように感じるでしょう。それが「偽薬効果」です。そのような実験をやってみてもオモシロイかも知れません。

イエス様かお釈迦様でも無い限り、ナンピトタリトモその影響からは逃れられません。自分に限ってそんな事はないと完全に否定する事は誰にも絶対にデキマセン。

このような意見に対しては、「鰯の頭も。。。」と居直る発言が必ず見られます。それを楽しんでいるマニアご本人達はそれで良いでしょう。他人の趣味にとやかく言う筋合いはゴザイマセンしね。しかし、業界の玄人さん達、特にヂャナリズムがそうであっては決してナリマセヌ。そのような傾向は技術の健全な進化を妨げるからです。そして、オーディオ技術とは何も鰯の頭を信心する特殊な性向を示す信者達(マニア、オタク)のためダケにあるのでは断じてないからです。

業界は、世の中のより多くの人々が、誰でも簡単に、より快適により良い状態で、音楽をより豊かに楽しめるよう、より良い製品をより安価に提供する事に精進しなければなりません。それがプロフェッショナル(クロートさん)のオシゴトといういうものです。そして、何が重要で何が重要ではなく、どの状態が「より良い状態」なのかを考えるにおいて、音楽の専門家(表現者自身)の意見に真摯に耳を傾ける事が重要でしょう。上でも述べたように、オヂオマニア的観点と音楽家的(音楽愛聴者的)観点では意識の置き所が大きく異なるでしょう。オヂオを中心に考えてはモノゴトを大筋で見誤ります。それは信者(マニア)にしか通用しない価値観だと心得るべきでしょう。

ブラインドテストは内容によっては上記のように1人でもできますし、2人いれば大概の事ができます。メディアが真に有用な情報を消費者に提供せぬのなら、自分達で試して見るしかありません。上記2例のように全く意外な結果が得られるかもしれません。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。