FC2ブログ
2013年09月17日 (火) | Edit |
僕が40Hz~10kHzを音楽再生における重要周波数帯域であると考えている事は再三書きました。この帯域を「リスニング位置」で十分フラットに、かつ「時間ドメイン的にも正しく」再生する事が音楽再生における最も重要で基本的な第1の課題であるという事です。ヨイオトたらリンヂョカンたらをツイキュする以前のウルトラスーパーアルチメットに基本的な課題です。自動車の「安全に走る/曲がる/止まる」に相当すると言えるでしょう。

未だに古典的技術が幅を効かせる現状では、40Hzまでの低音を「リスニング位置」で(時間ドメイン的にも)十分に正しく再生する事は、大型で高額なハイエンド装置を使っても容易ではなく、特に多くの人々が愛用する小型システムでは全く悲劇的な状態にあると言えます。それを放ったらかしにして、聞こえるか聞こえぬか未だに議論されている蝙蝠さん領域への帯域拡大にウツツを抜かしておるのが現状です。ナンデソーナルカ?

スピカの(特に小型装置の)低域を改善する方法は、当ブログで再三紹介してきましたし、今現在この記事を書きながら、そのような自作装置でゴキゲンに音楽を楽しんでいます。現在の周辺技術を以てすれば困難な事でもコストがかかる事でもアリマセン。

とは言え、現在市場にナイモンはナイわけですから、低音不足の装置でもできるだけ音楽を「良い状態で」(マニアご執心のオンガクセー?とかヨイオト?とやらではナイヨ)楽しむにはどうすれば良いか?について考えてみます。

下は2つ前の記事に載せたデータを重ね合わせたものです。
マドンナベトベン
グレーがベトベン交響曲第5番第1楽章、赤がマドンナのNothing Falseです。ニンゲンの聴覚感度特性で補正した楽曲のスペクトル(ピーク値)をプロットしています。

2つ前の記事をご覧になると分かるように、時代を追う毎に楽曲の低域(40~100Hz)と高域(4~10kHz)がバランスしながら増加する傾向にあります(広帯域化している)。上の図は、その中で最も古典的なベトベンと、最も最近のマドンナを重ね合わせています。

これらの比較から非常に重要な事が分かります。
「ベトベンであろうとマドンナであろうと、西洋音楽の重要帯域は40Hz~10kHzである事に全く変わりなく、また、40Hzと10kHzの(あるいは積が40万になる2つの周波数の)耳に聞こえる(ニンゲンが感じる)音の大きさはほぼ同じである」という事です。つまり、上図のようにプロットすると、約700Hzを中心として概ね左右対称のプロファイルを示し、低域(40~100Hz)と高域(4~10kHz)は常にバランスしています。これがジャンルや時代を超えた西洋音楽の普遍的基本構造であり、「(西洋的)音楽性」(マニヤの言うオンガクセーではない)を表す1つの重要な特徴であると言えるでしょう。

マドンナはベトベンに比べて、ズンドコピートのために低域の音が随分大きくなっていますが、それとバランスするように高域の音も大きくなっていますよね。低音を強く含む曲では、必ず高音も強くなっています。そのようにバランスを取らないと、人間には「エーグアイ」に聞こえないと言う事でしょう。

このような西洋音楽を、不本意ながら帯域の狭い(すなわち低音の出ない)装置で再生せざるを得ない場合、上記のバランス(西洋音楽の基本法則、音楽性)を保つ事が重要であろうと考えるのが極めて自然でしょう。デスヨね。

これはFrieveAudioで各種のフィルタを設定しながら聴いてみると良く分かりますが、僕の実体験に基づく良い例をご紹介します。

僕はAlpair6Mをメインのドライバに使っていますが、時々誤ってサブウーハも補正もなしの素の状態で随分長いこと気付かずに聴いている事があります。この状態でもあまり違和感を覚えず、なんかこのママでも十分聴けるヤン。。。と思えなくもありません。

以前Alpair5をメインに使っていた頃は、そのような事は決してありませんでした。明らかに低音不足に聞こえましたからね。
aplair6M.jpg
上図は約20cmの距離で計測したAlpair6MAlpair6PAlpair5のF特です。Alpair6Mは、他のドライバに比べて低音に強い反面、高音は明らかに減衰したカマボコ型の特性を示します。さらに、実際のリスニング位置では10kHz以上がこれよりも減衰します(軸上ではないため)。さすがに40万の法則を満たす事は無理ですが、50万くらいのバランスにはなっているでしょう。このため、素の状態でも「音楽」の「全体像」をそれほど違和感なくバランス良く聴く事ができるのだと思います。

ちなみに、マークさんによると、Alpair6Mは小容積の箱を使ったデスクトップ/ニアフィールド アプリケーションを狙っているので、高域を敢えて延ばさなかったそうです。なんだか絶妙な特性ですよ。実は、コレ。。。
チョイ聞きの第一印象は他のAlpairに比べると地味でナンダカ冴えないのですが(ハチマル用語でヂミヘン)、実際に長く「音楽」を聴くと実は具合が良いというのがAlpair6M君です(フラットに補正してしまえば関係ないですけどね)。

A6Mを比較的大きめのバスレフ箱で使う場合はツイータを追加した方がバランスが良いかもしれません。フィデリテムさんのDuo60(コチラ)はその好例でしょう。僕はサブウーハまたはデジタルブーストで低音を補強しますが、高域を8kHzまでフラットに補正する事でバランスを取っています。

さて、市販のスピカではどうでしょうか。大小2つのFOSTEX製品で見てみましょう。
02gx250mg copy
スケールを大体揃えて並べてみました。GX100MA(左)のウーハは10cm、GX250MG(右)のスコーかは13cmです。古典的技術では、帯域を低周波側へホンノ数10Hz延ばすために極端な大型化が必要である事が良く分かります。たとえ小さな部屋で小音量で聴く場合でも、低音までシッカリ再生しようとすると巨大装置が必要になるというのは、全く馬鹿げています。マッタクです。これに対し、LEANAUDIO方式の場合、サイズは必要音量によって決まります。

GX100MA.jpg
FOSTEX GX100MA (10cm 2WAY ブックシェルフ型)
10cmのバスレフ型であるため60Hz以下は急激に減衰し、50Hz以下の音は殆どキッコエません。すなわち、ロンさんのベースを十分に再生できず、マドンナさんのズンドコは完全に帯域外です。また、この帯域では時間ドメイン的にもかなりデタラメです。反面、高音側は蝙蝠さん領域の40kHz近くまでほぼフラットに延びています。これではサブウーハを追加しない限り、西洋音楽本来のバランス(音楽性)を楽しむ事はできないでしょう。これだったら、密閉型にして100Hz以下をなだらかに減衰させ(チョイとブーストしても良い)、高域側をそれとバランスするように減衰させた方が、「音楽」を自然なバランスで(音楽性を保って)聴く事ができるはずです。

GX250MG.jpg
FOSTEX GX250MG (25cm 3WAY フロア型)
このクラスの立派なフロア型になるとさすがに低音は大幅に改善されます。設置方法(ツイータの軸上から少し外す、部屋を利用して低音を少し増強する等)で十分にバランスを取る事ができるでしょう。この製品では、バスレフの同調を極端に低くする事で低音をなだらかに減衰させていますね。吸音材も多めに使っているのではないでしょうか。バスレフ臭さを改善する良い方法だと思います。でも、これだったら密閉型にしちまえば良いのに。。。「バスレフ」と書かないと売れないのでしょうか?もしかして。。。

いずれにせよ、特に一般のヒトビト向けの比較的小型の装置において、アホみたいに蝙蝠さんの超音波領域へ帯域を延ばすよりも、低域をしっかりと補強するか、それが適わぬのであれば、高域を適度にバランスさせる方が、「音楽」の全体をより良く聴く(すなわち本来の目的)ために、遙かに重要であろうかと思います。

帯域を闇雲に一方へフラットに延ばすのではなく、40万の法則に従って高/低のバランスを保つ事が重要でしょう。それが本当の意味での(西洋音楽の)「音楽性」(マニヤのいうオンガクセーではない)を保つという事になるでしょう。また、減衰具合もバスレフのように急激なものではなく、できるだけなだらかな方が良いでしょう(上のAlpair6M+密閉は高/低両側に非常になだらかに、しかもほぼ左右対称に近い形状で減衰していますよね)。特にある程度低音を犠牲にせざるを得ない非常に小型の装置においては、努々この点を疎かにしてはならぬでしょう。蝙蝠さんは全く重要ではないと思います。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用