FC2ブログ
2011年12月27日 (火) | Edit |
今回はリバーブについてです。

リバーブやディレイは、音に残響効果を与えて空間的な拡がりを作り出すために、ミクスダウンの過程で広く用いられる代表的エフェクタです。このような効果はデジタル信号処理(DSP)で簡単に加える事ができますが、アナログ時代には特殊な部屋を使用したり、鉄板やスプリング等の機械的振動を利用した装置が使われたそうです。鉄板式は独特な質感を出せるため、デジタル時代の今でもスタジオで使われているとの事です(鉄板のサイズは4~5畳程度の巨大なものらしい)。

僕のコレクションは、80年代初頭(ジャコ)までのジャズと、父のクラシックLPコレクションの中から気に入ったのをCDで集めたものが殆どです。つまりアナログ時代に録音されたものが殆どだと言う事です。なので、最近買ったベトベン全集の録音には正直驚かされました。僕の耳には異様と思えるほど残響効果が加えられていて、肝心の偉大なるベトさんが作らはった「音楽」が非常に聴き辛く感じられたからです(ベトさんご自身にアクセスし辛い、不自然に感じるほど音がキレイ、生演奏の音はそんなにやたらキンキラしていない)。最近のクラシックCDは、ほぼ例外なくDSPで残響効果が加えられていると聞いた事があります。聴衆がそのような録音を好むというのもあるのでしょうが、プロである製作側がしっかりと抑制を効かせて欲しいと思います。聴覚に対する「エコー」というやつは味覚に対する「ウマ味」と同じで、慣れてしまうと物足りなくなって、どんどんエスカレートするような気がします。

と、前置きはそれくらいにして、Frieve AudioにはReverb G2とその簡易版であるReverb G2 Lite、さらにサラウンド用のReverbが付属しています。これらはいずれも非常に多機能で自由度の高い本格的なものです。今回は、Reverb G2を使用してみました。Liteも全く同じ機能を備えていますがCPU負荷を軽くできるようです。しかし、Atomプロセッサ搭載の非力なPCでもLiteではない普通のG2を問題無く使用できました。

下がReverb G2のパラメータ設定画面です。
3 copy
4種類の定義済み設定が用意されています。「Default」は各種パラメータを分かりやすく配置しただけのもの、「Ambient」は一般的な空間の残響特性をシミュレートしたもの、「Long」は残響時間を極端に長くしたもの、「Plate」は上記の鉄板式をシミュレートしたものだと思われます。

以下、マニュアルの説明です。
[スライダー]
Diffusionはリバーブをぼかす強さです(上図の1)
Sizeは部屋のサイズです(2)
Spreadはリバーブの広がりの大きさです(3)
Colorはリバーブの質感です(4)
Densityはリバーブ音の密度です。100%に近いほど豊かなリバーブ音が得られ
ますが、多くのCPUパワーを消費します(5)
E.R.Denstyは初期反射音の密度です(6)
Wet Gainはリバーブのレベルです(7)
Dry-Wetは、直接音とリバーブ音の割合です(8)


下はグラフの部分を拡大したものです。マウスのドラッグでこれらのパラメータを簡単に変更できます。
1 copy

以下はマニュアルの説明です。
[上のディスプレイ]
リバーブの先頭をドラッグしてプリディレイ、直接音の大きさを調節します(上図のA)
リバーブの後方をドラッグしてリバーブタイムを調節します(B)

[下のディスプレイ]
下のポイントをドラッグしてLPF、HPFの周波数を調節します(DE)
上のポイントをドラッグして減衰を開始させる周波数を調節します(F)
バーを上下にドラッグして、高域のフィードバックレシオを調節します(G)


マニュアルには(C)の説明がありませんが、これはER(初期反射音)の強さを設定するものです。
これについては、コチラが参考になります。以下抜粋です。
間接音には、遅れとして感じられるものと、響きとして感じられるものがあります。遅れと感じられる間接音は初期反射音(アーリーリフレクション)と呼ばれ、響きと感じられる間接音は残響音(リバーブ)と呼ばれます。「ウァーン」というリバーブの、「ウ」の部分が初期反射音、「ワーン」の部分が残響音だと考えればわかりやすいと思います。

FGは、一般的なホールの残響特性を表現するためのパラメータです(ホールでは高域の方が吸収されやすく残響時間が短い)。Gのバーを下げる事によって、Fより高い周波数の残響時間をBで設定した残響時間より短くできます(上の図では約50%に短縮している)。

このように、Frieve Audioのリバーブ エフェクタは、極めて多数のパラメータを持つ本格的なものです。しかし余りにもパラメータが多すぎるため、影響の大きなパラメータだけを使用して、できるだけ簡単かつ汎用的に使える設定を探してみました。それが下の図です。
2 copy
僕はホールの残響をシミュレートして空間効果を演出したいわけではなく、音に微妙な響きを加えて少しだけ「軽やか」あるいは「メロー」な感じを出したいだけなので、「Plate」の設定を基本としました。従ってER(初期反射音)(C)はゼロ、高域の残響時間(G)は100%です。

Diffusion: リバーブをぼかす強さ(1)、Spread: リバーブの広がり(3)、Color: リバーブの質感(4)の効果は微妙すぎて僕にはよく分からないので、とりあえず全てゼロとしました。つまりソース信号(直接音)に単純に数回のディレイをかけて減衰させるという事です。Size: 部屋のサイズ(2)は最小の20mとしました。

Density(5)は高いほど質感が向上するという事なので最大としました(CPU負荷が増加しますが、Atomプロセッサでも問題なく処理できました)。E.R Density(6)は関係ないのでゼロです。

低域はあくまでもビシッとバシッとさせたいので、下限周波数(D)を2kHzまで上げました。高域の調整はしないのでGは100%です。

Dry-Wet: 直接音と反響音の割合(8)は100%:100%としました。このスライダを右端まで移動すると反響音だけを聞くことができます。

以上の設定は基本的に変更しません。効果の強さは下記の2つのパラメータだけで調整します。

1) Bで残響時間を調整します。これを右に移動すると残響時間が長く(すなわちライブに)なります。僕には1.5~2.0sくらいで具合良く聞こえます。

2) Wet Gain(7)で残響音のレベルを調整します。0dBを標準とし、±3dB程度の範囲で調整します。

このようにして微妙な響きを加えると、音が少し「軽やか」で「メロー」な感じになります。真空管アンプの効果に似ているかもしれません。あくまでも最小限だけホンノリと効かせるのがコツです。はっきりとわかる程度に効かせると、明らかにディティールが失われます(例えばピアノのアタックが鈍る)。

最適な設定は盤によっても異なります。これは製作時のリバーブのかけ具合が盤によって異なるからかもしれません。例えば、総じて録音がシャープなマイルスクインテット(Nefertiti)で丁度よく響いても、同時代のハビハンコックのリーダーアルバム(Speak like a child)では「メロー」になりすぎます。さらに、ソースで十分以上に響かせているベトベン全集ではリバーブは全く不要です。

今までLEANAUDIOでやってきた「音楽再生クオリティ」の領域とは異なり、このへんの「好み」の領域になると、普遍的最適条件というのはソモソモ存在し得ないという事です。この領域を細かく追いかけ回すとキリがありません。上で紹介したハチマル標準設定は、常時効かせっぱなしにしても大概の盤で概ねOKヤネという設定です。録音に合わせてイチイチ微調整する気なんぞ、ハチマルは全く持ち合わせていません。メンドクサイ事は大嫌いなのよ。

ただし、基本的にクラシックを聴く時にはリバーブを使用したくありません。というのは、クラシックでは(特に交響曲では)、製作時にかなり気を遣って残響音を収録(あるいは調整/付加)しているように思われるからです。カナル型イヤフォンでじっくり聴くと、そのへんの事がよく分かります。携帯電話+カナル型イヤフォンでフルトベングラさんのベトベン交響曲を聴いたのがLEANAUIDOに着手する大きなきっかけとなったわけですが、響きの気持ち良いところで鳥肌が立つくらい感動しました。フルさんがホールの響きに合わせて音を止めたり出したりしている様子もよくわかりました(たとえ50年代のモノラル録音であっても、ケータイ電話でもあっても、圧縮した音源であってもです)。ですから、下手に好き勝手に響かせたり、好き勝手な帯域だけを強調したりすると、せっかくソースに含まれているそのへんの醍醐味が台無しになってしまうような気がします。

そのように慎重に記録された「音楽」を構成する全ての音(重要な残響音を含む)を、可聴帯域の下限近くまで正しい位相でしっかりと耳に届ける事がまずは何よりも肝要であって、今回のエフェクタ効果や装置をトッカエヒッカエしてツイキューとやらをするナンチャラ感とかカンチャラ感は、あくまでもその後の、好みや気分や体調に合わせた最小限の味付け程度に留めておいた方が、そこに記録されたせっかくの「音楽」の醍醐味をより深く楽しめるようにハチマルには思えます。

次回は、その他のエフェクタと、まとめを書く予定です。オタノシミに!

ランキングに参加しています
お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年11月29日 (月) | Edit |
前の記事続きでインシュレータについて。。。

様々な形状や材質のインシュレータが随分高価に売買されていますが、常々不思議に思う事があります。それは、オーディオ用として売られているほとんどの製品が振動の遮断または減衰を主目的としているように見えないという事です。例えば、よく見かけるスパイク状の物や、単なる木や焼き物のブロック等がこれにあたります。これらでは効果的に振動を「インシュレート」(絶縁)できるとは思えません(特に低い周波数)。特性データも一切公表されていないし。。ヤタラと高価だし。。不思議だなぁ。。。。。。。と思っていたら、逸品館さんのサイトで下記の説明を見つけました(コチラ)。現在主流のオーディオの傾向を象徴しているようで非常に興味深く感じたのでご紹介です。

インシュレーターに求められるのは「振動を抑制する能力」ではなく「響きを調和させる能力」なのです。響きを抑制するためだけなら、ブチルゴムやソルボセインなどの響きを完全に吸収するゴム系のインシュレーターが最適だということになりますが、振動を殺すだけでは音の生気が殺がれ鬱々としたおもしろみのない音になるというのは前述したとおりです。

やっぱり振動伝達の遮断が主な目的ではないようですね。「響きを調和させる」と言うことはスタンドや床も適度に響かせてしまおうという魂胆なのでしょうか? オーヂオマニアってホントに「響かせ」好きなのね、と感心させられます。アノテコノテというか。。そんなに響かせないと音楽って楽しく聴けないモノなのでしょうか?

ハチマルは不思議でなりません

- ソースの音ってそんなに「生気が無くて、鬱々としてて、オモシロミが無い音」なのか
- という事は生音が「生気が無くて、鬱々としてて、オモシロミが無い音」だという事なのか
- それともソースの音には生音の「生気やオモシロミ」が十分に含まれていないという事なのか
- 音楽の「オモシロミ」を楽しむ上で、「音」そのものにソース以上の「オモシロミ」がソンナニ必要なのか

これは吸音材とかとも根は同じですね。
ハチマルは余計な響きがあると本来の「音楽」がよく聞こえないので逆にフラストレーションが溜まってしまいます。別にウーーーンと眉根を寄せてディティールを聴き取ろうとしているワケではありません。そんなコトしたらツマラナイ。ただ「音質」なんか気にせずに「音楽」に聴き入っている時って、無意識にかなり細かい部分まで音を追いかけているみたいで、音に付帯的な響きや癖があると「音楽」が聴きにくく感じて、そのうちフラストレーションが溜まり始めるんですよ。それに、ハチマルには微妙で豊かな楽器の響きがタップリとソースに含まれているように聞こえますし。。。。というか付帯音を落としてゆくほどそれらの音が澄んで、より自然に聞こえますし。。。。こういのを「生気」がなくなるとか「鬱々」とか言うんですかねぇ。。。良く分かりません。

こんなのハチマルだけなんでしょうか?
オーヂオ関係の雑誌やブログやHP等、どこを見ても「響き感」や「音場感」や「ナントカ感」や「カントカ感」ばかりで、なんかダンダン寂しくなってきました。

追記
Alpair6のMとPを比較した時に感じたのですが、二者を直接比較するとキャラの立つ方へ印象がどうしても引きずられてしまうようです。感覚による絶対的な評価というのは非常に困難であると感じました。あれこれトッカエヒッカエやって相対比較を繰り返しているとエスカレートする面もあると思いますので、たまにはヘッドフォンなりイヤフォンなり密閉型モニタスピーカなりで暫く耳を慣らして(最初は墓場で聴いているように感じるかも知れませんが2、3日我慢して聴くと慣れるかも)、時々感覚をリセットしてみても良いのではないでしょうか。ちなみに僕の場合、スピーカーで変に聞こえる部分があった場合にはカナル型イヤフォンでチェックし、それでも同じように変だったら原因はソースにあると考えてそのまま受け入れます。だって、それ以上はやりよう無いですもんね。

どこかのブログで読んだのですが「さるオーヂオマニアさんが生演奏を聴きに行ったら、普段オウチで聴いているよりも音がキツクて耐えられずに途中で出てきちゃった」なんて逸話がありましたし。。。要らぬオセッカイかも知れませんが。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年09月29日 (水) | Edit |
今日は久々にオシゴトに空きができてベト様全集のリッピングに励んでいます。

で、この全集の交響曲を聴いたのですが、キショクワルイ。。。
ちなみに録音は1999年頃、Tonhalle Orchestra Zurich、David Zinman指揮だそうです。

最近のクラシックCDではデジタル信号処理(DSP)でホールの響きを強調しているとは聞いたことがあるのですが、もしかしてコーユーコトなのか? 僕は低音だけ少し響かせているのかと思っていましたが、全域キンキラキンです。カラオケのエコーかかってるような不自然な響きで「音楽」が聴きにくいったらありゃしません。これがそのホールのそのままの響きなのか???もしDSPでイヂッテいるとするなら、ちょっとやり過ぎでしょう。ホテルのロビーとか喫茶店でBGMとして流すのなら良いかも知れませんがねぇ。

僕のCDコレクションはLP時代に録音された古いのばかりなので、他の最新録音盤がどうなのか知りませんが、もしこのような傾向がこの全集に限らず最近の一般的な傾向だとしたら(そうでない事を切に願う)、アタシャ大問題だと思うな。現代人は化学調味料の影響で味覚が鈍っている(ウマミが濃くないと味が物足りない)と言われますが、カラオケとDSPで聴覚までもがか?(響きがタップリないと音が物足りないらしい)。しかもこれ欧州の製品なんですけど(SONY Bmg Europe)。本家本元の欧州人までがこんなだと、こりゃイッタイ世界はどうなるのか???恐怖すら覚えます。

あと、テンポが速すぎるような。。。フルさんやチェリさんのを聴き慣れた耳には70年代録音のブロさんのでもテンポが速くて音が軽いと感じましたが、この全集のは更に速く軽くなっています。なんか早回しで聴いているようでセワシナイ。ポールモーリアじゃあるまいし。ベト様まで癒し系かよ。。

そもそもベト様ご自身はどのようなテンポを意図されていたのか? それが知りたい。タイムマシンがあったら、アタシャいの一番でベト様自らお振りになった第九の初演を聴きに行きますよ(以外とセッカチなベト様はテンポが速かったりして。。)。

交響曲はとりあえずブロさんのと差し換えようと思います。その他のも手持ちのと適宜入れ換えるかも知れません。

響かせて聴きたい方は装置なり部屋なりでセイゼイ響かせりゃ良いわけで、ソース側でこんな過剰サービスは即刻止めて欲しいですね。FrieveAudioにはコンボルバという機能が備わっていて、世界の著名なホールの残響特性をダウンロードしてDSPで音を響かせる機能まで付いています(使った事ないけど)。そのヘンはユーザ側の好みに委ねれば良いのではないのかなぁ。。ソースがこれぢゃぁ取り返しが付かないですよ。とにかく止めて欲しい。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用