FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月06日 (日) | Edit |
自分の快適再生音量が分かったので、一般的に多くの人はどの程度の音量で音楽を聴いているのかが気になってネットで調べてみました。

スピーカー再生によるオーディオルームでの再生音量に関しては精度の高いデータが見つかりませんでしたが、イヤフォン関係では信ぴょう性の高いデータをいくつか見つける事ができました。

携帯型音楽プレーヤーの普及に伴い、聴覚障害や屋外での使用による事故等の危険性がとりざたされ、音量規制等の動きがあるのはご存知だと思います。EUは2009年に聴力障害や難聴を予防するため、携帯型音楽プレーヤーの音量に上限を設ける規制安全基準を策定する方針を発表しました(その後どうなっているのでしょうか?)。我が国でも各種の調査が行われた模様です。このような事情からイヤフォンでの再生音量についてはいくつかの貴重な調査結果が見つかりました。

700.jpg
上記データの出典はこちら: 独立行政法人産業技術総合研究所

これは41名の被験者が4機種のイヤフォン/ヘッドフォンを使用して音楽を試聴した結果です(サンプル総数41x4=164)。青は周囲が静かな時の結果、赤は73.2dBの環境騒音の中で試聴した時の結果です。環境が静かであれば70~80dBを快適と感じる人が最も多く(僕もこの階級に属しますね)、また80%以上の人が80dB未満の音量で快適であると感じるようです。

快適音量は環境騒音に顕著に影響される事が分かります。この点からも、多数の聴衆の中で音楽を聴くライブよりも静かな個室で一人で聴く場合の方が快適音量が相応に低くなるのが自然かと思われます。イヤフォンで音量が問題になるのは、環境騒音の大きな屋外(特に電車内)で使用する頻度が高いという点にあると言えます。

冒頭のEUの基準では、デフォルトの音量設定として、音量80dB(デシベル)で視聴するなら1週間に40時間、89dBなら同5時間以内にすることを規定し、メーカーに対しては、設定を超えて視聴する際に警告を表示させるよう義務付けるとしています(出典)。やはり80dBを超えないというのが、健康上でも1つの目安となりそうです。

ということで、自分は概ね人並みのそこそこ安全なレベルで音楽を聴いているという事が分かりました。

追記1
前々記事のホールでの音圧測定結果と照らし合わせると興味深い点が見えて来る。もし、かのホールの中央付近の席でベト5を聴いた時の騒音レベルが本当に最大80dBAを大きく超えないとするならば、かのホールの各座席での音量の分布は上図の快適音量の分布に似た形状を示すはずである。すなわち、中央席周辺の音量が多くの人にとって快適と感じる音量になり、従ってホール内の可能な限り多くの人が快適音量に近い範囲で音楽を聴けるという事である。さらに言えば、交響曲の音量は当時のホールに見合った音量になるように作曲され、現在のホールはそのようにして作曲された交響曲が快適に聴けるように設計されているとも考えられなくはないかもしれないかもしれない。かな?

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。