FC2ブログ
2009年02月09日 (月) | Edit |
この改造箱(3.9L)にF80AMGを取り付けていろいろやってみましたが、結局バスレフのチューニングがうまくできませんでした。

僕はベースが好きで、ジャズを聴くときは無意識にベースラインを追いかけながら聴きます。このためウッドベースの聞き易さを基準に低音チューニングを行いました。この際、短時間で変更しながら聞き比べるのではなく、設定を変えたらしばらく仕事しながらBGM的に聴いてみて、気持ちよくなければ設定を変えるという方法をとりました。
この方法が一番信頼が置けるように思います。短時間聴いてみて良く感じても、長時間聴くと違和感を感じる事がたびたびありました。

計算では長さ4cmくらいが良さそうだったので、これを中心に8cmと2.5cmを用意してとっかえひっかえしたのですが、どれも満足できませんでした。8cmだと完全にチューニングが外れているみたいでポートから低音が出ず、2.5cmと4cmでは低音感はあるのですがブワブワして気持ちよくウッドベースが聴けません。F80AMGの例の欠点がもろに出てしまったみたいです。吸音材の量も変えてみましたが駄目です。

それと近距離 (スピーカーから1m以内)で聴くので、スピーカ前面からの音とポートからの音がうまく混じり合わない感じがします。お風呂の蛇口では温水用と冷水用のノブがあって、両方を適量混ぜ合わせて温度を調整しますよね。日本製の蛇口だと完全に混じり合って問題ないのですが、外国のホテルの蛇口ではこれがうまく混じらなくて、手を当てると微妙に気色悪い思いをする事があります。丁度そんな感じです。最近の小型スピーカーに背面バスレフが多いのは、もしかしたら近接リスニングを考慮しての事なのかもしれないと思いました。

ポートをゴム栓で塞いで密閉型にすると、しばらくは良い感じに聞こえるのですが、1時間ほど聞いていると息苦しくなってゴム栓を外してしまいます。F80AMGはもともと大人しめの音なので、密閉にすると制動が効いて音がデッドになりすぎるのかも知れません。バスレフでも吸音材を増やすと同様の傾向になります。

80AMGて高いのにアカンやん!とあきらめ気味になりました。

にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ

ランキング参加中
[READ MORE...]
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用