FC2ブログ
2012年08月21日 (火) | Edit |
以前の記事では、レビューにおける計測データの必要性について書きましたが、今回はブラインドテストの必要性について考えて見ます。雑誌のレビュー記事については、今回が最終回になると思います。

人間の感覚に頼った評価を感応評価と呼びます。例えば、以前の記事で紹介した自動車の室内音の評価(参考記事)では、バイノーラル方式で多数の室内音サンプルを収録し、多数の評価者がヘッドフォンで再生音を聞きながら感応評価(ブラインドテスト)を行い、得られた膨大なデータから統計的手法に基づいて主観的感応値と客観的物理値の間の相関性を導出しています。

身近な感応評価の例としては「利き酒」やワインのテイスティングが挙げられます。これも、一般的にブラインド方式で行われます。このように、学術的な目的や、結果を公にする事を目的に行われる感応評価では、正確さと公正さを期すために、ブラインドテストを実施するのが常識です。これは、評者の先入観や思い込みによる影響(バイアス)を排除するためと、コンテスト等においては出品者と評価者間の利害関係がからんだ不正を防ぐ必要があるためです。感応評価において、公明正大な結果を得るには、ブラインドテストを実施する以外に方法はありません。オーディオ装置の感応評価においても当然です。

オヂオ分野では、先入観や思い込みによる影響を「プラセボ効果」とか「プラシーボ効果」と呼ぶ事が多いようですが、これは元々医療分野で使われる専門用語であり、「偽薬効果」を意味します。医者が何の薬効もない偽薬を「よく効くから」と偽って患者に投薬すると、患者には自覚症状だけでなく客観的に測定可能な症状の改善が現れる場合があると言われます。人間とは、それほど「思い込み」に左右されやすいという事です。偽薬効果の検証では、二重盲検法と呼ばれるブラインドテストが行われるのが普通です。これは患者だけでなく投薬する医者自身にも、それが偽薬かどうかを知らせないという方法です。現在のオヂオ趣味は、それはそれは、もう常識的にどう考えても超微妙なチガイに拘泥しておるわけですから、常識的にどう考えてもプラセボ効果が相当に影響しているはずです。この効果を排除して評価するには、ブラインドテストを実施するしかありません。

さて今回は、明治時代から開催されている全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所主催)について、ちょいと調べてみました。酒類総合研究所は国税庁醸造研究所の後進機関だそうです。お酒は貴重な税収源なので、国税庁が関係するんですね! 知りませんでした。
参考:
ウィキペディア「利き酒」
独立行政法人種ル総合研究所のホームページ

気付いた点をいくつか上げて見ます。

この鑑評会は歴史も長く、国の公的機関により全国規模で開催される唯一の日本酒鑑評会であるとの事です。このため、審査員には、地方公設醸造技術指導機関職員、国税庁鑑定企画官、国税局鑑定官室職員、酒類総合研究所職員というそうそうたるプロフェッショナルが名を連ねています。また、酒類総合研究所では、清酒に関する感応評価の専門家(清酒専門評価者)の育成と認定も行っています(コチラ)。清酒専門評価者とは「感覚の感受性が高く、清酒の香りや味の多様な特徴を評価するのに一貫して反復可能な能力を有している評価者で、清酒の官能評価の経験があるとともに、清酒の製造方法や貯蔵・熟成に関する知識を有している専門家」と規定しています。

この種の非常に繊細な感応評価においては、評価者のクオリティが何よりも重要となるのは当然です。上記の自動車室内音の評価でも、本格的な解析に進む前に、評価者の適性を統計的に評価しています。その結果、評価の反復性に問題のある者や、他から全くかけ離れた傾向を見せる者が数名見つかり、そのような評価者の結果はその後の本格的な解析作業から除外しています。。。やるたびに評価結果が異なる気まぐれな人や、他の人達から感覚や嗜好が極端に逸脱した個性的すぎる人は評価者として不適合だという事です。僕も評価に参加したのですが、僕自身の結果の反復性は非常に優秀で、傾向も極めて中庸でした。エヘン!。。。巷の自称オヂオ評論家達はどうなのでしょうか?一体誰によって適性が確認されているのでしょうか?全体どの程度信用して良いのでしょうかねぇ?

この鑑評会では、酸味、香味等、計測可能な客観的データも参考にしているようです。評価はあくまでも感応評価によるようですが、サンプルの並び順を決める(グループ分けする)ための参考にするとともに、製造者へのフィードバックとして活用しているとの事です。また、予備審査では、下のようなテンプレートを使って、評価項目を明確に統一しています。
sake.jpg
さすがに、国が自国の大切な文化である「酒」の振興を図るために開催しているだけあって、結構しっかりと運営されているのではないでしょうか。

さて、オーディオですが、客観的計測データとブラインドテストを異常なまでに忌み嫌う体質は、一体全体どうしてなのでしょうか? 僕には全く理解できません。何か正当な理由でもあるのでしょうか? 少なくともどちらかは真面目にやるべきでしょう。両方ともヤダッ!て、そらアカンでしょう。だだっ子ですか?。。現在の状況は、好き勝手言いたい放題やりたい放題でプラセボまみれの全くの魔境のように見えてしまいます(ナンタラ変えました!カンタラが変わりました!スゴイです!と言うだけ。。やたら高額だし)。これでは技術的にも市場的にも健全な発展を望めるわけがアリマセン。世間一般の人々が近寄らぬのも当然です。

また、今回は利き酒を例として取り上げましたが、玄人さんがオーディオ装置を評価するに際して、決して忘れてはならない、常に「ワキマエル」べき大前提があります。それは、「酒」はオリジナルの創造物であるのに対し、オーディオ装置は「オリジナルの創造物たる媒体に記録された音楽作品」を「再生」または「伝達」するための装置であるという事です。この根本的な相違点は、何時如何なる場合も、決して疎かにしてはならないはずです(玄人さんはね)。

またまた繰り返しますが、個人個人のオヂオマニアは、どう好き勝手してもOKです。それは個人的な「趣味」だからです。しかし、公に情報を発信し、一応権威として世の中の多くの人々に影響を与えるジャーナリズムがそうであっては決してならぬはずです。楽しければ何でも良いとは口が裂けても言えぬのが玄人さんの玄人さんたる所以であり責任ではないでしょうか。巷のオヂオマニアが個人のブログで「ナンタラ変えました!カンタラが変わりました!これはもうスゴイです!」と何の裏付けも何の検証も何の責任もなく発言するのとは立場が全く異なります。玄人さんは世の中に対して責任を負わなければなりません。少なくとも、その責任を認識していなければなりません。僕が小学生の頃、自動車雑誌を読み始めた頃、当然ですが、メーターがずらっと並んだスポーツタイプのモデルが大好きで(ギャランGTOとかセリカ1600GTね!)、それに対して玄人さんってのはツマラナクテ地味な事ばかりを繰り返しシツコク言う人達だと思いましたもん。

以上、ネタ切れたかな?

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2012年07月28日 (土) | Edit |
前の記事からの続きです。

review (英辞朗より抜粋)
【名】
再調査{さい ちょうさ}、再検討{さいけんとう}、再考察{さい こうさつ}
〔過去{かこ}の出来事{できごと}の〕報告{ほうこく}、説明{せつめい}、総括{そうかつ}
・Could we have a quick review of your progress so far? : これまでの進捗についてザッと説明していただけますか?
〔評価{ひょうか}のための〕検査{けんさ}、点検{てんけん}、審査{しんさ}
《法律》〔上級審{じょうきゅうしん}の〕再審理{さい しんり}
〔作品{さくひん}や公演{こうえん}の〕批評{ひひょう}、書評{しょひょう}、レビュー
《印刷》批評{ひひょう}[評論{ひょうろん}]誌
〔テストの前の〕復習{ふくしゅう}、おさらい
《軍事》閲兵(式){えっぺい(しき)}、観兵(式){かんぺい(しき)}
〔ミュージカルの〕レビュー◆【同】revue


今回も、評者の主観的感想を綴った「読み物」ではなく、工業製品たるオーディオ機器の特徴(例えばオンシツ)や性能(例えば音楽再生クオリティ)を可能な限り正確かつ客観的にレポートし、読者が貴重なお金を費やして購入する製品の選択に最大限に役立つ真に有用な情報を提供するための「レビュー」について考えてみます。

今回はバイノーラル録音(と、それを収録したCDの付録)についての続きです。

バイノーラル録音は、製品同士の比較だけでなく、各種の条件比較(スピーカ位置(部屋)の影響、バスレフと密閉の低音の比較、音場補正の効果比較、生演奏と再生音の比較等の各種実験君)を読者に体験してもらうためにも活用できます。使いようによっては、非常に有効なマテリアルになるのではないかと思います。

特に興味深いのは生演奏と再生音の比較です(「原音再生」というのを冷静に評価してみようじゃぁないか。。とね)。例えば、音楽家にスピーカ位置で生演奏してもらい、これを近接マイクとリスニング位置のバイノーラルヘッドで同時録音します。そして、今度は近接マイクの音を装置のスピーカから再生して再びバイノーラル録音します。この2つのバイノーラル録音を聴き比べる事により、その装置がどの程度「原音」に近い音を再生しているのかが概ね分かります。楽器の演奏だけでなく、アナウンサーに何かを読み上げてもらった音声なんかも、装置の評価に使えると思います(ニュースが不自然に聞こえるオヂオを僕は嫌う)。あるいは身近な色々な音(お茶碗の割れる音、黒板を引っ掻く音、バケツを叩く音等)も試して見るとオモシロイのではないでしょうか。このような各種生録音データをストックしておけば、以降の全ての装置の評価に使えます。このような評価により、装置間の差ではなく、その装置の絶対的な癖(カラーレーション)を知る事ができるでしょう。活用方法は、この他にもいくらでもあると思いますよ。

そのようなバイノーラル評価を採用する場合、まず、この方式でどの程度微小な音の違いを識別できるのかを検証しておく必要があります。このため、装置を直接試聴した時のブラインド評価結果と、バイノーラル録音を試聴した時のブラインド評価結果の相関性を確認する必要があるでしょう。これにあたっては、ヒヨロンカではなく本当に聴覚を鍛え上げたプロフェッショナルな被験者(スタジオでマスタリングをやっておられる方々が非常に敏感な耳をお持ちらしい)に協力を仰ぎ、ブラインド評価で有意な結果が得られる何らかの条件の下に試験を行う必要があります。彼らが装置からダイレクトに試聴してギリギリ有意なブラインド結果が得られる条件を探す必要があるという事です。彼らがブラインドで確実に電線を聞き分けられるのであれば、電線を使っても良いでしょう。電線ではまともに評価できないようであれば、ビットレート違いの圧縮データを使う事も考えられます。そのようにして、バイノーラル録音で評価できる事できない事をまず明確にする必要があります。

また、読者が試聴する際に使用すべき推奨ヘッドフォン/イヤフォンも指定しておいた方が良いでしょう。その機種の選定も、彼らプロフェッショナルの協力を得て事前に行っておく必要があります。装置から直接聞いた時とバイノーラル再生を聞いた時の聞こえ方ができるだけ近く感じられる機種を選定するという事です。多くの読者が購入できるよう、あまり高価な機種は避けるべきでしょう。多くのスタジオで愛用されているSONYのMDR-CD900STや、ハチマル推奨のVictor製トップマウント型イヤフォンあたりが適しているのではないでしょうか。オヂオ用の超高級品は余計なオンガクセーとやらが演出されている可能性があるため適さぬのではないかと思います。

以上のような事前検証で判明したバイノーラル録音では伝えきれない現象については、データで補足すれば良いでしょう。例えば、20kHzを超えるような超音波は、鼓膜で感知するというよりは、顔等の皮膚表面で感じていると言われますし、僕もIA7Eを評価した時にそのように感じました。ですから、超音波領域に感度を持つマイクロフォンと計器を使って、そのような領域の強度を測定できれば参考になると思います(参考: このような計器が売られています)。

その他にも、掲載すべき基本的計測データがいくつか考えられます。それらについては、僕が今まで計測したデータを例として挙げながら、次回の記事で紹介したいと思います。その次のシリーズ最後の記事では、真のオーディオ評論家には何が求められるのかについて考察したいと思います。オタノシミニ。。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用