FC2ブログ
2013年12月31日 (火) | Edit |
さて、今回は、大胆にも、般若心経の「色即是空」をハチマル流に技術屋的に解釈してみます。

[色即是空]
現世に存在するあらゆる事物や現象はすべて実体ではなく、空無であるということ。
▽仏教語。「色」はこの世のすべての事物や現象。「空」は固定的な実体がなく空無であること。


森羅万象は一時たりとも留まらぬ波動であると書きました。波は常にゼロ点を中心に+側と-側に振れます。僕が前の記事で書いた「ニュートラルな状態」とか「フニャーーーー」の状態とはゼロ点の状態と見なす事ができます。

ゼロではない状態とは、バネが縮まった(または延びた)状態とか、+または-の電圧がかかった状態と考える事ができます。つまり「ニュートラル」または「フニャーー」の状態に対して「ポテンシャル」または「ストレス」が発生した状態です。

「僕達が五感で認識できる現象」「現世に存在するあらゆる事物や現象」つまり色即是空の「色」は、このように一時たりとも留まらずに変動するポテンシャルまたはストレスによって顕在化する。。。とハチマルは考えます。そして、そのように僕達には明らかに顕在するように見える現象も、実はゼロ点の前後で振動しているだけですから、平均化するともともとのポテンシャルはゼロ(「空」)やん。チャンチャン。。。。

というのがハチマル流「色即是空」の解釈です。自分を常時完全にニュートラル状態に制御する事ができれば、森羅万象は消え去ってそいつはもうニルヴァーナ(「吹き消すこと」「吹き消した状態」)ってやつですかね。

これらのポテンシャル変動は様々な要因(僕達に知る由もない神さんとか宇宙の都合とか趣味かな?)によって発生しているのでしょうが、そんなに揺らさんといてチョーダイとお願いしたいトコロです。また、。。たしか仏陀は、神さんの都合まで知る事はできないし知る必要もない。。と言っていたような気がしないでも無いような。

以上は、ハチマルの技術屋頭で考えた事(概念知)に過ぎません。瞑想にせよ何せよ、本当の目的は、そんなような事を頭ではなく純粋な直観で心底から「ア、ソーナノネ、フムフム」と納得できるようになる事(直接知)でしょう。それは難しい。。。そんなんできたら仏陀ヤン。

という事で、良いお年を!

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト