FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年08月17日 (火) | Edit |
ここ最近、このブログでは一音楽リスナーの観点から、また、元自動車開発エンジニアとしての作り手あるいは技術者的観点から、オーディオ装置という民生向け工業製品の現在のあり方についての僕なりの意見を素直に書かせて頂きました。ほぼ言いたい事は言い尽くしたかと思いますので総集編を書いておきます。筆が走りすぎてさんざん毒舌の限りを尽くしてしまい、さぞ不愉快に思われた方も多いかと思います。どうかご容赦ください。

マニアというのはどの分野にも居られます。
例えばその代表が鉄道マニア。彼らは鉄道を実用輸送機関として利用するだけでなく、その機械装置および関連設備に一般人からみると異常とも思える愛着を持ち、そのディティールに徹底的に拘ります。しかし、当然ですが鉄道そのものは、それを実用機械として必要とする圧倒的大多数の人間のための輸送機関として技術およびサービスを日々向上させています(中央線も快適な新型になりましたね)。写真の世界でも、クラシックカメラに拘る方や、新型レンズを取っ替え引っ替え購入して自宅のベランダからの定点撮影でレンズの微細な描写性ばかりに拘るマニアも居られます。しかしカメラは、それを写真を撮るための道具として必要とする圧倒的大多数の人間のための実用写真撮影装置として日々性能と利便性を向上させています。自動車だとて同じ。

これに対しオーディオはどうでしょうか。
「ピュアオーディオ」と呼ばれる分野は実用工業製品からドンドンかけ離れ、僕から見れば狂信的で近視眼的とも思える極めて微細な「音質」??ばかりが喧伝され、技術者的常識レベルと照らし合わせてとても妥当とは思えない価格で売買され、単に「音楽を真剣に聴きたい」人々のための実用機械としては大きな疑問を感じざるを得ません。一方で、セットコンポレベルではiPod等との親和性が高められた程度で、「音楽再生装置としての性能」は相変わらずの状態です。

何故「ピュアオーディオ」なるものがこのような状態になってしまったのか?
を考えるに、雑誌および評論家の影響が大きいのではないかと僕は見ています。オーディオ装置の「信号変換装置」としての性能/技術は行き着くところまで行き着いてしまったため、彼らはナニか新規な事を読者に提供しなければなりません。また、メーカーも何らかの新規な商品性を付加しなければなりません。それが「電線」「電源」「音場再現性」「半オカルト」という極めて微細あるいは原理的に極めてアヤフヤな面にマニアの意識を向かわせる結果となっているように思われて仕方ありません。そのようなものに拘るのが「オーディオ装置趣味をタシナム者のお作法」みたいに意識付けられてしまっているのではないでしょうか。

蛇足ですが、
どの趣味分野でも雑誌や評論家はメーカーやディーラーとの間に多かれ少なかれ利害関係を持っています。雑誌の広告収入は一体どこから来るのでしょうか?評論家は雑誌への寄稿だけで裕福に生活するだけの収入が得られるでしょうか?メディアや評論家の意見というのは大概ハナシ半分に見積もっておく必要があります(30年以上前のオーディオ雑誌はもっと辛口で理論的だったと思うけど)。オーディオマニアはあまりにナイーブに過ぎないでしょうか?

さて、オーディオ装置とは本来「音楽を聴くための」民生向け実用工業製品です。
僕には「音楽を真剣に聴きたい」リスナーのために真面目に作られた必要十分な性能の音楽再生装置が完全に欠落しているように思えます。「音楽」を正しく再生するには可聴帯域のほぼ全域を正しい位相でリスナーの耳に届けられなければなりません。なぜならば「音楽とは可聴帯域のほぼ全域の音を使用して表現される芸術だから」です。これは音楽再生装置としての最低限の要件です。しかし、妥当な価格、サイズ、利便性を備えた生活の中でアタリマエのように使用できるそのような実用装置は未だに存在しません。本来、それがオーディオ装置の目指すべき本流であると僕は信じます。

アナログ時代において、上記のような装置を一般家庭の日常品として実現する事は「夢」でした。しかし、音源がデジタル化され、デジタル信号処理技術が発達した現代においては、その「夢」が極めて実用的なレベルで実現します。実際に僕のデスクトップ上で実現して日々使用しているのですが、今まで聴いた事のあるどのオーディオ装置よりも音楽が自然に聞こえ、音楽をより深く楽しむ事ができています。何故人々の意識がそちらへ向かわないのか? 僕には極めて不可解でなりません。ワケの分からん微細な事で消費者を煙に巻いた方が業界としては開発費も要らん、利ざやも大きい、楽して儲かるという事でしょうか? そういうふうに勘ぐりたくもなります。

。。というような僕の疑問をここ最近一気に書いてみたワケです。筆が走りすぎて不愉快に思われた方、本当にご容赦ください。でも、僕の言っている事も少しは真剣に考えてみて下さいね。

ほぼ言いたい事は言い尽くしたので、多分1~2ヶ月は更新しないと思います(タブン)。ケロケロモニターが完成するまでサヨウナラ(アンプ壊れたみたいで捗らないのよ)。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。