FC2ブログ
2013年01月31日 (木) | Edit |
7~8年酷使したPCがいろいろと問題を生じるようになったため、新しいPCを自作しました。お仕事を絶対に中断させないよう、同じタワー型ケースを2つ持っていて、中身を交互にアップグレードしながら使っています。片方は緊急時のスペアとしていつでも使える状態で保管しておきます。

今回OSをWin XP ProからWin 7 Pro (64ビット)に変えたのですが、心配していたFrieveAudioは無事に動作してくれました(FrieveAudioの公式サイトでは必要動作環境がWin XPになっている)。その他、サウンドブラスタDACのドライバはメーカサイトから64ビット用をダウンロードできましたし、ASIO4ALLも無事作動。WaveGene(波形生成ソフト)とExactAudioCopy(CDのリッピング用)も最新版をダウンロードして難なく作動しました。特にWaveGeneは今まで使っていた旧バージョンからかなり改良されているようです。

しかし、HandyOscillo (オシロスコープ ソフト)はWin XPまでしかサポートしておらず、残念ながら全く動作しません。Dayton製計測セットの同梱ソフトウェアにはオシロ機能も当然含まれているでしょうから、それまで待つしかありませんね。

さて、今回はOSをWin XP Pro 32ビットからWin 7 Pro 64ビットに、CPUを2コア(Core 2)から4コア(Core i5)に、ハードディスク(256GBx2、RAID)をSSD(240GB、Intel製)に、メモリを2GBから8GBにアップグレードする事により、性能の向上を劇的に体感できました。Win7とSSDのおかげで起動もあっという間です。

今回、メモリの低価格化が進んでいる事にも驚かされました。予算的に容量をちょっと我慢するという必要はもうアリマセン。その他、静音型の高級電源ユニット、コレダケで済むナンデモ付きのマザーボード(Asus製、Intelチップセット)、DVDドライブを含めて今回のハードウエア総額は80K YENそこそこ(PC Depoの通販を利用)。電子技術分野の進歩はすさまじいですね。ソレニヒキカエ。。。。ナンジューネンもグルグル。。。

FrieveAudioを最大の5倍アップサンプリング/96kHz出力に設定し、CPU負荷の最も高いCタイプHSC(超高域ノイズ付加)を作動させてもCPU使用率は数%しかありません。以前の動作が重くなっていたPCでは5倍アップサンプリングすると負荷の最も低いAタイプHSCでも音が途切れて使えませんでした。すばらしい。。

ということで、
FrieveAudioはWin7の64ビットモードでも問題なく動いてくれました!
というお話でした。あ、でもね、マイクがだめなので、音場計測/補正の最終的な結果までは確認していません。計測機能自体は動作します。

しかし、FrieveAudioってのはよくできていると思います。非力なAtomプロセッサでもHSC等のオマケ的機能を除けば十分実用的に使えますし、このようにOSが進化しても、2007年から全く更新されていないバージョンがそのまま動いてくれます。基本が良くできているのでしょうね。作者は本当に優秀な方だと思います。ちなみにAtom搭載音楽用PCだとサウンドブラスタの高機能DACが重荷なので、最近使っていません。お役ご免ですね。ご苦労様でした。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用