FC2ブログ
2013年09月06日 (金) | Edit |
ヘッドフォンのBluetooth化作戦は大成功でした。今回はそのまとめです。

結局レシーバ(黒いの)をもう1個購入しました。
BT_1000345.jpg
これでバッテリ切れを心配しなくて済みます。快適カイテキ。レシーバがヘッドフォンに内蔵された市販タイプよりも、この点では有利ですね。

2個目でもやはりRチャンネルだけから「シュルルル」ノイズが聞こえたので、アルミテープを貼りました。個体差ではないようですね。アルミテープは確実に効果があります。ネットで調べたら、同じレシーバで全く同じ症状が出て、全く同じ対策をされたという事例が見つかりました。

BT_1000347.jpg
このように取り付ける事もできるのですが、こちらのモニタヘッドフォンでもラインが極端に短いと「シュルルル」とは異なるノイズが発生する事を確認できました。適度なライン長を確保する事が重要みたいです。MDR-F1ではライン長を約50cmにしています。

以上2つの対策でノイズを感じる事は全くなくなり、僕が音楽を楽しむに全く十分なクオリティを達成できました。
尚、このような対策が他のレシーバでも効果的かどうかは不明です。

USB延長コードを買ってトランスミッタをディスプレイの上端に取り付けました。
BT_1000344.jpg
以前はPCの筐体の右側面下端にあるUSBソケットに直指ししていました。これでは電波の放射状態は悪かろうと思い、1.5mの延長コードを買って高い位置まで持ち上げてみたところ、ベランダでも実用的なレベルで音楽を聴けるようになりました。月を見上げながら月光ソナタ。。。なんて乙かも知れません。

ついでに、お蔵入りにしていたBATPUREという小さなスーパーツイータをヘッドフォンとの併用で試してみました。
BT_1000348.jpg
以前はスピカにパラで接続したのですが、メーカ(TAKET)のサイト(コチラ)を見るとヘッドフォン・イヤフォンとの併用で効果があると書かれていたので、ソレデハとガラクタ箱から引っ張り出してきて、モニタヘッドフォン(有線接続)にパラで接続してみました。

コイツをデスク上の正面に置いてお試し中です。。。。が、効果はやはりヨックワカリマセン。超音波は皮膚で感じるというので、オデコやホッペに近付けてみたりもしたのですが、サッパリです。面の皮が厚いのでしょうね。きっと。。。もう少し気長に使ってみたいと思います。

という事でした。
不要なヘッドフォンがあったらBluetooth化を是非お試しアレ。トッテモカイテキですよ。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト