FC2ブログ
2011年04月18日 (月) | Edit |
FrieveAudioではデジタル信号のアップサンプリング/ダウンサンプリングを設定できます。いろいろ試した結果、通常は44.1kHz/16bitのソースを5逓倍の220.5kHzまでアップサンプリングし、これを96kHz/24bitにダウンサンプリングして出力しています(途中の信号処理は全て64bit分解能)。下にFrieveAudioの「リサンプリング」設定タブを示します。
730.jpg

なのですが、数ヶ月前にUSB接続の小さなディスプレイ(タッチ機能付き)を購入して接続したところCPU負荷が増えてしまい、Atomプロセッサの非力さのためにアップサンプリングできなくなってしまいました。まあいいか。。と暫くアップサンプリングせずに44.1kHz出力で聞いていたのですが、先日タッチ機能だけを殺してみたところCPU負荷が一気に下がって以前のようにアップサンプリングできるようになりました。

とういことで、その効果を改めて実感した次第です。明らかに高音がスムースで好印象に聞こえます。暫く44.1kHz出力に耳が慣れた後であっただけに、その違いがはっきりと分かったのかも知れません。

下にFrieveAudioの「スペクトル」画面を示します。曲はベト3冒頭のジャンジャンです。ピークホールドの赤のラインを比較して下さい(キャプチャするタイミングが正確ではないので、青は正確に同一タイミングではありません)。横軸のスケールはリニアです。

729.jpg
44.1kHz出力です。22kHzでストンと信号が無くなります。

728.jpg
96kHz出力です。3逓倍(132.3kHz)してから96kHzにリサンプリングして出力しています。22kHzで急激に落ちます。アップサンプリングによってAD時に失われた22kHz以上の情報がよみがえるというワケではない。この状態だと僕にはあまり効果を感じられません。

727.jpg
96kHz出力です。こちらは5逓倍(220.5kHz)してから96kHzにリサンプリングしています。22kHzより上でもナニヤラ結構な信号が出できて、22kHzでの段差が目立たなくなります。これが僕の標準設定ですが、この状態でAtomプロセッサのCPU使用率は約70%に達します。ギリギリ。。。5倍のアップサンプリングで出てくる22kHz以上の成分は単なるノイズのはずです(元々ナイモン)が、高域にランダムノイズを付加するのと似たような効果を持つのだと思われます。スペクトルが22kHzでストンと無くなるのではなく、自然界がそうであるようになだらかに減衰するというのが良いのでしょうか??信号再生クオリティとしては決して良い状態とは言えないんだけど、ナンカ良く聞こえる。という感じかな。。。。「音質」が向上したワケでは無い。むしろ「音質」は落ちている?

FrieveAudioにはスーパーツイータの使用を想定したHSC機能という22kHz以上に人工的に信号を付加する機能も備わっています(関連記事)。しかしこの機能はCPU負荷が高いため、Atomプロセッサでは96kHz出力に組み合わせて使用する事はできません。PCの性能が高ければ、さらにこのHSC機能を組み合わせてみる事もできますよ。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用