FC2ブログ
2011年04月14日 (木) | Edit |
前の記事からの続きです。仕事の合間にイタズラ半分でAlpair 6Mをウーハーとして使ってみました。

前の記事で、基本的にこのコンセプトではウーハーのサイズによって低域限界周波数は大きく変わらないと書きました。ウーハーが大きくても小さくても基本的に100Hz以下の周波数特性は変わらないという事です。

これを証明するために、13cmウーハーのかわりに8cm(実際には少し大きめ)のAlpair 6Mを低域アシスト用に使ってみました。Alpair6 Mの実効振動板面積は13cmウーハーの1/2弱しかありません。

下がその結果です。
726.jpg
緑が今回測定したAlpair 5 + Alpair 6M、黒が前の記事に載せたAlpair 5 + 13cmウーハーです。チャンデバの設定も、ウーハー用アンプのボリューム位置も一切変更していません。多少Alpair 6Mの方がレベルが低いですが、ウーハー用アンプのボリュームをほんの少し上げれば全く同じレベルになります(13cmウーハーは8Ω、A6Mは4Ω)。

ただし最大音量の面では13cmウーハーの方が当然有利です。ボリュームを上げて行くとAlpair6の方が先に限界(低音の歪みが急激に増える音量)に達します(参考記事)。すなわち、ウーハーのサイズは低域周波数限界には大きく影響せず、最大音量に直接影響するという事です。

ケロの場合、サブウーハー用アンプに50Hz以下をカットするローパスフィルタが内蔵されているため、ここまで低域は伸びていませんが、ローパスフィルタを解除できればほぼこれと同等の特性が得られるはずです。

また、この方式はドライバの機械的共振も吸音材で殺してしまうため、ボックスの容積にもほとんど影響を受けません。従って非常にコンパクトにできるという利点も持ちます。いったいぜんたい容積はどこまで小さくできるのか?というのが現在の疑問点です。そのうち実験してみたいと思います。実際、最近の密閉型サブウーハーの箱って、ドライバの大きさの割に極端に小さいですよね。ドライバとアンプを収納して設置しやすいカタチに作りました。。という感じ?

ちなみに100Hz以下の低音だけ聴くと「ボーボー」「ゴーゴー」鳴っているだけなので、全体の音色には殆ど影響しないように思われます。ただし、いわゆるスピーディーな低音とかタイトな低音とか締まった低音とかを求める場合(ハチマルはこれを強く求める)、バスドラやピチカートベース等の再生における過渡応答性(突然大振幅になったときの応答性)を決定付けるのはウーハーの動特性だと考えられます。

デスクトップ用であれば、10cmのCHR-70クラスがウーハー用に丁度良いかも知れません。

追記
なんでこうなるか?というと、それはスピーカーを小さい密閉箱に入れて吸音材で機械的共振を殺してしまえば、大きかろうが小さかろうが、この周波数領域ではほぼ-12dB/Octの左下がり(右上がり)の特性になるからです。で、高域側を右下がり-24dB/Octのローパスフィルタでカットすると、元々右上がり-12dB/Octの特性なので、差し引き右下がり-12dB/Octの特性になります。で、これをフルレンジSPの右上がり(左下がり)-12dB/Octの特性(こちらも密閉型なので自然とそうなる)と重ね合わせると、合成した特性はほぼフラットになります。従ってフルレンジSP側にハイパスフィルタは不要です。ウーハーの音量レベルは小径であるほど小さくなりますが、それはウーハー用アンプのボリュームで調整できてしまいます。というわけです。。

バスレフ型ではこのように簡単にはゆきません。箱も大きくなるし。。市販の密閉型サブウーハーを使用する場合は、メインSPのポートを塞いで密閉型にした方が繋がりは良いでしょう。基本的にサブウーハには密閉型スピーカーを組み合わせるべきだとハチマルは考えます。

追記2
基本的に100Hz以下の音は音色や定位にはほとんど影響しないと言われていますので、2chパワードウーハー(または1chサブウーハー) システムを1つ作っておけば、いろいろ応用が利くと思います。今回は1つの箱にフルレンジとウーハーを組み込みましたが、例えば3Lの小さなサイコロ型の箱に13cmウーハーだけを組み込んで、その上に1Lのフルレンジ箱を乗っけるようにした方が自由度に優れます。例えば、リスニング位置に合わせてフルレンジSPの向きを自由に変える事ができます。また、何種類かの3"フルレンジドライバをそれぞれ1Lの箱に組み込んでおけば、楽曲や気分に合わせて個性の違うフルレンジドライバを手軽にとっかえひっかえできます(箱に番号を付けておけばサンダーバード2号の気分?)。3"クラスのフルレンジドライバは種類も極めて豊富ですし、値段も手頃ですので、非常に経済的かつ手軽に楽しめますよ。一般的な家屋の個室であれば、音量的にも十分です。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年04月12日 (火) | Edit |
Alpair5を復活させました。

4Lのバイアンプ駆動用13cmウーハーの箱(もちろん密閉型)にAlpair 5を組み込んで2 Way化。元はDENONコンポの6Lの箱ですが、内部をガチガチに補強したので実容積は4L(正確には3.9L)しかありません。
725.jpg
隔壁には内径約83mmの塩ビ管を使用しました。容積は約1L。従って13cmウーハーの容積は約3Lです。バッフル面は塗装ではなく、上等の画材用紙にインクジェットプリンタでJBL風ブルーをベタで印刷して両面テープで貼り付けています。

たまたまベランダで見つけた45mmx45mmの角材を使用してSPボックスを正面の窓枠(しっかりした木製)に固定しています。木ねじで結構がっしりと固定する事ができました。おかげでSPの低音振動がデスクに全く伝わらず、すこぶる快適です。
724.jpg
実は、この方式に変更したのは地震発生の3日前のこと。おかげでSPは全く無事でした。それ以前は、デスクへの振動伝達をできるだけ遮断するために、柔らかめのインシュ(3点指示)を2段使用した2階建て構造で、しかも最上段に2.5kgの重りを置いた不安定極まりない状態でした。このままだと確実に悲惨な事になるところでした。
現在
723.jpg

以前
671_20110412125001.jpg
くわばら。くわばら。

周波数特性です(20cm前方で測定)。
720.jpg
赤がAlpair5単独の特性です(チャンデバを介さずダイレクトにアンプで駆動)。ウーハー容積はたった3Lですが、イコライザ補正なしで40Hzまでほぼフラット(-6dB/30Hz)な特性が得られます(ブーストは全く不要)。500Hz近辺の落ち込みはデスクトップの反射の影響です。SPをもっと上に持ち上げれば改善されますが、いたしかたありません。50Hzのポッコリは部屋の影響と思われます(Alpair5もこの位置で少し盛り上がる)。システムの詳細はコチラを参照してください。このシステムのコンセプトは一般的な2 Way型とは異なり、Alpair 5をあくまでもフルレンジドライバとして使用し(ツイータではない)、不足する低域を別アンプ駆動のウーハーでアシストするという考え方です。従ってAlpair5はチャンデバを介さずに直接アンプで駆動されます。このシステムはイコライザなしでも十分フラットなので、iTuneのブラウザでベトベン全集データベースをジャンル別や年代別に一気聴きする場合に重宝しています。あと、買ったCDをリッピングする前に即聞きたい時とかも。

ジャズにはFrieveAudio+6Mの馬鹿ブーを使用しています(こちらの方がベースラインの聞こえ方が微妙に気持ち良いので)。
721.jpg
現在のポチ2型ボックス。ケロの余りの人工皮革を貼ってつや消しグレーで塗装しました。目の前に尖った角があると鬱陶しいので、コーナーを斜めにカットしています。内部にもゴッツイ補強を追加しました。効果は未だによくわかりませんがBatpure(小さなスーパーツイータ)も復活させました。

さて、ご覧に入れたように、
フルレンジSP + バイアンプ駆動ウーハー(密閉型)の組み合わせによって、トータルたった4Lの密閉箱で上記のような周波数特性がイコライザによるブーストなしで簡単に得られます。しかも、基本コンセプトはあくまでもフルレンジSPなので200Hz以上で一切のクロスオーバーがなく、小径フルレンジドライバならではの良さをたっぷりと堪能できます。ALpair5は3"ドライバとしては径が小さく低音性能は貧弱ですが、極めて優れた高域音質を持つので(なにせ半ばツイータとして設計されている)、このような使い方(または2.1システム)には最適です。このドライバで馬鹿ブーストしてたんですから、ホントの馬鹿と言えましょう。。。

と言うことで、Alpair 5を想定したバイアンプ駆動(または2.1ch)のコンフィグレーションをいくつか考えてみました。組み合わせるウーハーには10cmまたは13cmを想定しています。なお、10cmx2と13cmx1がほぼ同等(面積xストロークがほぼ同等)と考えました(ストローク相似で考えても13cm一本の方が少し有利みたい)。同じMarkaudio製メタルコーン ドライバを使用するのであれば、Alpair10 (13cm、できればウーハーバージョン)またはCHR-70 (10cm)が使えると思います。ただ、実際に必要なのは200Hz以下だけなので、高域まで気を使って設計されたフルレンジドライバを使うのはもったいないですね。このような用途向けに最適設計されたメタルコーン アシスト ウーハーが欲しいところです(フルレンジドライバとのデザイン統一性も重要だよ)。

719 copy
どのコンフィグレーションを選ぶかは、必要な音量(リスニング距離、部屋の広さ等)によって決まります。この方式では、小さくても大きくても低域の周波数限界はほとんど変わりません。再三申しているように、どんなに小さくても低音楽器の音をしっかりと正確に聴けてこそ「音楽再生装置」と言えるというのがLEANAUDIOの基本コンセプトです。デスクトップ用であればMINIかSMALLクラスで十分だと思います(なにせAlpair6一本の馬鹿ブーでも十分なんですからね)。僕のAlpair5システムはCOMPACTクラスに属します。ちなみにケロはMINIよりさらに小さいMICROクラスと言えましょう。

LARGEはシャレのつもりで載せましたが、13cmクラスより大きな振動板というのは、どうも直感的に(見た目ですが)無理があるような気がして使う気がしません(厚さと径の関係、剛性、重量等の面)。あくまで僕の直感ですが(。。ちっちゃいのが好きなのよ。基本的に)。

もちろん、どのコンフィグレーションも全て完全密閉型のバイアンプ(または2.1)方式です。デジタル チャンネル デバイダを内蔵したDAC (1つのデジタル入力から2つのアナログ信号(HIとLO)を出力するDACがあると良いのになぁ。。と以前から思っています。クロスオーバーの設定はPCからやれば宜しい。どこか作ってくれないかなぁぁ。。と。

追記
そういえばAlpair5ってもう販売していないんですね。MarkAudioのスーパーカブとして是非復活して欲しいものです。その時にはパートナーとなる専用ウーハーや、できればチャンデバDAC等も一緒に展開してくれると良いなのになぁ。。。このクラスのフルレンジドライバにはまだまだ大きな可能性が秘められていると思います。

追記2
13cmよりも大きな振動板を使いたくないと書きましたが、これは極低域だけをハイパワーで駆動する(あるいはブーストする)方式では振動板を大きくする必然性があまりないためです。従来方式でウーハーを使用する場合、低域限界は単純にウーハーのサイズ(面積)でほぼ決まります。しかし本方式あるいは低域ブースト方式では、再三お見せしたように小さな振動板でも十分な低域性能が得られます。基本的に振動板は小さいほど軽くて剛性が高く、音質面で有利になります。本方式では、必要振動板面積は低音限界ではなく必要音量によって決まります。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年05月28日 (金) | Edit |
新システムのコンセプトについてまとめてみます。

基本コンセプト
1. 音色を支配する100Hz以上を好みのフルレンジ1発で持たせる
2.音色を支配する100Hz以上を好みのアンプで駆動する
3.音楽を下支えする100Hz以下は別の高出力/高DFアンプを使用してウーハーをバキバキ駆動する(バイアンプ)
4.両帯域間のレベル差は両アンプのボリュームで揃える
5.全体の音量はプリのボリュームで調整する
6. 全体をFrieveAudioのイコライザで調整して部屋の影響を修正する

このようなシステムでは、土台の低音システムを変えずにメイン システムだけ好みに合わせて変更できるので経済的なソリューションだと言えます。特に、低域の駆動力(DF)が弱い小型真空管アンプの弱点を補う事ができる点でも魅力的ではないでしょうか。100Hzという低い周波数でクロスするため、一般的な周波数でクロスするよりもつながりは自然だと思います。我ながら良くできたコンセプトだと自画自賛であります。
しかーーし

それでもやっぱりIcon AMPとAlpair5だけで馬鹿ブーストした方が、差は僅かですが低音がビシッとタイトで明瞭かつ自然に聞こえます。ロンさんのスピーディーなベースがGOOD。スピーカーが近い事もあり、この自然さを超えるのはかなり難しいようですね。。。と、ちょっとがっかり。

ところで、僕のジャズ コレクションの大部分はLPでリリースされた時代の(だいたい1985年以前)の楽曲です。これらの録音では、レコードプレーヤの針飛びを考慮してか低域信号レベルが高くなく、馬鹿ブーストでもほとんど問題無く聞く事ができます。従って新システムでも、ウーハーが常時ズンドコ動くわけではありません。ちなみにウーハー用のアンプをONにするのを忘れても、暫く気付かない程度です(苦労した割にはそんなもんなんです)。30Hzフラットと言うとさぞかしズンドコだと思われるかもしれませんが、基本的にジャズもクラシックもLP時代の録音では低域信号はあまり高くありません。特に50Hz以下なんてほどしかありません(ところが交響曲ではこの屁が重要なようか気がしてます。楽器の音というよりはホールの響きですかね?)。
228b_20100528154432.jpg
(参考記事はコチラ)

ところが、完全にCDだけの時代になってからの録音では、ちょっと事情が異なるのではないかという気がします。
僕のシステムは60年代のマイルス クインテットのロンカーターのベースの聞こえ方を重視してチューニングしていますが、彼の比較的最近のアルバムではベース音で馬鹿ブーストしたAlpair5が完全に破綻してしまいます(ブリブリとかビチビチとはしたない音が出る)。何もそこまでベース音を上げて録音せんでも良さそうなものですが、マイルス時代にひたすら伴奏に徹した反動ですかねぇ。ロンさん?

で、最近は全ジャズコレクションをランダム選曲で常時流しっぱなしにする事が多いため、馬鹿ブーストだとたまにズッコケルのが鬱陶しくて、これをなんとかするために今回の新システムに着手したというのが事の次第です。あ。それと、なんとか真空管アンプを使いたかったのよね。

ちょっと気が早いですが、新システムの改良案として、ウーハーにMarkAudioのCHR-70を片チャンネル2発使って見ようかなぁ。。なんて考えています。ちなみに10cmドライバー2発の振動板面積はほぼ13cmドライバーと同等になります。これにより、次の効果が期待できます(かな?)。

1) よりスピード感のある低音(振動板1個の質量が低い、剛性が高い)
2) より自然なつながり(ダイアフラムの材質、設計思想が同じ)
3) 音の発生中心が移動しない(Alpair5の上下にCHR-70を配置)

でもねぇ。。。考えてみたらAlpair7 一発で馬鹿ブーストした方が良いような気もするのね(低域がもう少し伸びるのと、Xmaxがでかいのでブースト耐性が高い)。あ、でも馬鹿ブーストだとまたシンクーカンがブチバチと。まぁ、新システムができたばかりだし、ボチボチ行きましょう。

追記
新システムとか偉そうに言ってますが、実はこれフルレンジ スピーカーにステレオ式サブウーハーを付けただけの事なんですよね。次回は「サブウーハーは2本必要か?」について書いてみるかな?

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用