FC2ブログ
2011年06月08日 (水) | Edit |
ほぼ「モノラルでエーヤン」という方向で固まり、自然に音楽が聞こえるという点では、これを超える方式は無かろうと確信しつつも、そこはそれ、イロイロ試して見たくなるのがギジツヤさんというもの。

そこで見つけたのが「トライポール」という方式。

815.jpg
MK Sound SUR95T
製品ページ

トライポール型というのは3方向に音を出す方式の事です。主にサラウンド方式のリヤSP用に使用するようです。おそらく無指向性に近付けて自然な音の拡がりを狙っているのだと思います。

で、ハチマルとしては、こいつをフロント正面に一本だけ置いて、正面のSPからR+Lのモノラル信号、側面のSPからそれぞれR/L信号を再生して、ホンノリとステレオ効果を効かせてみてはどうか?と思うわけです。つまり、ステレオ効果を壁や天井の反射音だけでホンノリ演出しよう(アクマデ演出ヨ)という魂胆ですね。左右SPを向き調整可能にしておけばセッティング自由度も高まります。Alpair5を使って遊んでみるかなぁ。。。。ってね。

待てよ。。。左右もモノラルでも良いかも。。。別に左右で異なる音が出なくてもエーンチャウ。ちょっと音が拡がった感さえ出ればOKのような気もする(箱鳴らすのとオンナジような狙いか?)。まあイロイロ考えられるわけです。

まあしかし、何やってもモノラル1本の自然さには適わないと思うので、結局使わなくなると思うのだが。。。。

追記
一般家庭用ステレオ スピーカーって、こんなんでエーンチャウ?という感じですね。センターにサブウーハー(20cm以下、40Hzまでビシっとフラット)とモノラル用フルレンジ(8~10cm)、左右に5~2.5cmフルレンジを配置(こいつはオプションでも良い。ステレオ/モノラル切り換えできればなおよし。別体でもよい。さらにDSPによる音場演出モードなんてオマケ機能付きもアリ)。一体式なら左右は真横向きではなく45°くらいまたは角度調整式。コーナー設置を狙った三角形状もお似合いかも。もちろんアンプとDAC内蔵。電線は電源とUSBだけ。欲しくなってきた。。。値段は貧乏学生下宿用/独身女性用/中高生用ミニマムサイズで5マンエン以下。部屋の大きさに合わせて各種サイズを用意。あとはデザイン勝負!

数奇者用ではない人民の人民による人民のためのオーディオ装置。。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用