FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年09月30日 (木) | Edit |
全60枚のリッピングが終了しました。

フォルダ構造は下記のようにしました。

YYYY_NNN_邦題\NNN_tt_トラック名
YYY: 作曲年
NNN: オーパス番号
tt: トラック番号

作曲年と邦題はコチラを参考にさせて頂きました。トラック名にはリッピング時にインターネット上のデータベースから自動で取り込んだものをそのまま使用しています。ちなみにOps.順と作曲年順は必ずしも一致しません。

再生にはiTuneを使用する予定です。
FrieveAudioのファイルブラウザは最低限の機能しか持たないため、多数の曲を縦横無尽にブラウズするには向かないためです。再生時に新システムを使用すれば、イコライザなしでも十分フラットな低域特性(30Hz/-6dB)が得られるので音質的には問題ありません(参考記事)。アナログチャンデバの位相遅れは補正できませんが、ピチカートベースが無いので特に気になりません。この全集の録音は全体的に響かせ気味なので、真空管アンプは使用しません。

これがiTuneの画面(クリックで拡大)。
587.jpg
全曲を選択した状態です(Op.番号付きのみ)。全部で601曲/33.19GBのボリュームがあり、全曲再生するのに2.3日かかると表示されています。「アルバム列」には邦題の作品名が年代順に並びます。しかし、各トラック名には作曲年を付けていないので、全トラックはOp.順に再生されます(「名前」列の順)。ただしデータベース化する際に、データ項目として作曲年を入力しているので、ちょっと操作すれば年代順に並べ換える事ができそうです(さっき試したら簡単に年順に並び換えできました)。

これはピアノソナタだけを選択した状態です。
588.jpg
このように、特定種類の曲だけを選んでOp.番号順(または作曲年順)に再生する事ができます。1番から32番まで全部聴くのに9.1時間かかりますね。

これは、交響曲3番の前後に作曲された曲(2番と4番の間)だけを選んだ状態です。
589.jpg
このように、特定時期の曲だけを選んでOp.番号順(または作曲年順)に再生する事もできます。

以上のようにPCオーディオは、デジタルイコライジングのみならず、楽曲のデータベース化が可能である点においても、従来のオーディオに対して大きなアドバンテージを持っています。日々の生活の中で音楽に深く親しむための真のオーディオ装置においては、音質だけでなくこのような利便性も非常に大切であると言えます。音質は1つの評価基準に過ぎません。

さて、これからiPodへもコピーして、ベト様とじっくりとお付き合いしてみたいと思います。僕は個々の曲に興味があるのではなく、まずは、これら全作品を1つの巨大な作品ととらえて、ベートーベンという偉大なる芸術家の全体像を俯瞰的に感じ取れれば良かろうと考えています。文献や資料等も一切読みません。ホンマノホンマノホンマノコトは、作品から感じ取るしかないからです。まずは聴いて感じる事が先決。。

さてさて、楽しみだなぁ。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。