FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月21日 (水) | Edit |
今回は、1989年頃にYAMAHAから発売されたアクティブサーボ方式のスピーカシステムをご紹介します。これらのシステムは、YAMAHA独自のアクティブサーボ技術(専用アンプとスピーカ別の補正回路)を採用する事により、非常にコンパクトなシステムで驚くほど超低音まで再生可能としていました。

今回は「オーディオの足跡」さんと、「オーディオ懐古録」さんの記事を参考にさせていただきました。「懐古録」さんにも貴重な情報が満載です。是非ご覧ください。

YAMAHAは1989年頃に、10cmフルレンジ型から大型のフロア型まで、この方式を採用したスピーカを数機種発売しており、かなり力を入れていた事が伺えます(社運を賭けた?)。
act.jpg
1989年頃に発売されたシステム(参照)

ミニコンポ用にこんなのもあったようですよ。。。
mini.jpg
YAMAHAさん、頑張っていたんですね。

アクティブサーボ方式は、現在もYAMAHAのパワードサブウーハシステムに採用されています。

以下、AST-S1について詳しく見て行きますが、今回の記事の焦点はアクティブサーボ方式にあるのではなく、電気/電子的にスピーカを積極的に制御する(メカトロ化する)事によってスピーカの可能性を飛躍的に拡大できるという点にあります。そこのところを是非ご理解ください。

アクティブサーボ方式の原理については、「懐古禄」さんのコチラの記事を参考にしてください。僕は原理をよく理解していません。基本的にバスレフ型を電気的に制御する方式のようです。

ast-s1.jpg
YAMAHA AST-S1 (1989年頃発売)

主な仕様
spec_20121121042142.jpg
16cmウーハー、A4サイズ、容積6Lというコンパクトな構成でで28Hz/-10dBという驚異的な低音再生を可能にしています。凄いぞ! YAMAHA!!

海外のサイトからF特図を見つけました。
ftoku y
見にくいので、周波数のスケールに色を付けています。左から304050100Hzです。40Hzまで完璧にフラットです。2次歪みが50Hzの少し手前で落ち込んでいる事から、ここが共鳴周波数だと思われます(共鳴点では振幅が減って2次歪みが低下する)。逆に3次歪みはポートの動作領域で高くなっています。これを見る限り典型的なバスレフ動作であるように見えますね。クロスオーバーが2.5kHzですから、ポート共振音や箱の定在波がポートから放射される可能性もあります。僕なら小径フルレンジと組み合わせて、150Hz以下だけウーハに受け持たせるな。。。

専用アンプに挿入したカートリッジ(右方の黒いやつ)
cart.jpg
別のアクティブサーボ式スピーカを使う場合は、このカートリッジを交換します。

黄色の部分の回路がカートリッジに内蔵されています。
circ_20121121041836.jpg
この部分でスピーカの特性に応じた最適な制御を行うという事です。

ここではアクティブサーボの原理を深追いしません。ご興味のある方は「オーディオ懐古禄」さんのコチラの記事を参照してください。

繰り返しますが、ここで僕が強調したいのは、スピーカを電子/電気的に積極的に制御する(メカトロ化する)事により、スピーカの可能性を飛躍的に拡大できるという事です。よりコンパクトに、より低音まで、より低歪みに、より安全に再生可能なスピーカを開発できます。

YAMAHAのこのシステムではアナログ的に補正を行っていますが、現在ではデジタル信号処理(DSP)を駆使してそれこそナンデモできます。YAMAHAのように、1つのアンプで複数のスピーカに対応させたい場合、DACとDSPを内蔵したアンプに、スピーカの制御パラメータやアルゴリズムを書き込んだマイクロSDカードを挿入する等の方式が考えられます。あるいはスピーカ側にチップを埋め込んでおき、Nuforceの初代ICONのようにRJ45コネクタ(LAN用のケーブル)を使ってアンプとスピーカを接続してスピーカからアンプに情報をインプットする方法も考えられます(当ブログの参考記事: NuForce Iconが示すデジタルオーディオの可能性)。僕はNuForce ICONにこの方面の発展を期待したのですが、残念ながら、その後の積極的な展開は見られません。惜しいなぁ。

でもね、低コスト/低消費電力のデジタルアンプが利用可能な現代では、業務用コンパクトモニタのようにアンプを内蔵し、さらにDACもDSPも内蔵してしまう方が現実的でしょう。もちろん無線化も! 普通の人はアンプとスピーカの相性がドータラとか気にしませんから(当ブログの参考記事: こんな装置が欲しいなぁ)。メーカさんが、それぞれのドライバに最適な電子/電気回路を設計してくれれば、それでヨロシ。システムトータルで最適化するという事です(システム インテグレーションという)。

このようなメカトロ化により、低音ブースト(方式はなんであれ)を含む特性のフラット化、ドライバの機械的特性の最適化(ドライバの素の音響特性は凸凹でも良い)、2次/3次歪みの低減、動的な過大振幅の制御、自動音場補正、位相の補正、エフェクタによるコノミの音調の選択(リバーブや真空管風味等)が可能になります。アイデア次第で他にいくらでも有効活用できるでしょう。

YAMAHAの当時の試みは真に称賛に値すると思います。そのようなアプローチが市場で正しく評価されなかった事(そうですよね。。今その進化形が無いという事は。。)が本当に惜しまれます。何がその要因であったのか、業界はよく考えて見る必要があるでしょう。そして、どこかのメーカから再びこのような製品が世に問われる事を心から待ち望みます。コンパクトに、価格はリーズナブルに(何が重要で何が重要ではないかを正しく見極めてドーデモエーコマケー事はスッパリ切り捨てる)、デザインはクールに(超重要!)、マニア用ではなく音楽愛聴者用である事を明確に打ち出し(マニアにアータラ言わせぬよう)、音楽家を始めとする一般音楽愛聴者(特に圧倒的高音質のヘッドフォン/イヤフォンで耳の肥えた若年層)の意見を採り入れる事が重要であろうかと思います。いいかげんオヂオマニアの呪縛から解き放たれた、真に高品位な音楽愛聴者用実用音楽再生装置が出てきても良いのじゃないかな・・。21世紀になって早10数年。。。ですしね。小っこくて安い装置でも、世界中が必要十分な一定水準以上の音質で聴けるようにするために。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年09月29日 (水) | Edit |
今日は久々にオシゴトに空きができてベト様全集のリッピングに励んでいます。

で、この全集の交響曲を聴いたのですが、キショクワルイ。。。
ちなみに録音は1999年頃、Tonhalle Orchestra Zurich、David Zinman指揮だそうです。

最近のクラシックCDではデジタル信号処理(DSP)でホールの響きを強調しているとは聞いたことがあるのですが、もしかしてコーユーコトなのか? 僕は低音だけ少し響かせているのかと思っていましたが、全域キンキラキンです。カラオケのエコーかかってるような不自然な響きで「音楽」が聴きにくいったらありゃしません。これがそのホールのそのままの響きなのか???もしDSPでイヂッテいるとするなら、ちょっとやり過ぎでしょう。ホテルのロビーとか喫茶店でBGMとして流すのなら良いかも知れませんがねぇ。

僕のCDコレクションはLP時代に録音された古いのばかりなので、他の最新録音盤がどうなのか知りませんが、もしこのような傾向がこの全集に限らず最近の一般的な傾向だとしたら(そうでない事を切に願う)、アタシャ大問題だと思うな。現代人は化学調味料の影響で味覚が鈍っている(ウマミが濃くないと味が物足りない)と言われますが、カラオケとDSPで聴覚までもがか?(響きがタップリないと音が物足りないらしい)。しかもこれ欧州の製品なんですけど(SONY Bmg Europe)。本家本元の欧州人までがこんなだと、こりゃイッタイ世界はどうなるのか???恐怖すら覚えます。

あと、テンポが速すぎるような。。。フルさんやチェリさんのを聴き慣れた耳には70年代録音のブロさんのでもテンポが速くて音が軽いと感じましたが、この全集のは更に速く軽くなっています。なんか早回しで聴いているようでセワシナイ。ポールモーリアじゃあるまいし。ベト様まで癒し系かよ。。

そもそもベト様ご自身はどのようなテンポを意図されていたのか? それが知りたい。タイムマシンがあったら、アタシャいの一番でベト様自らお振りになった第九の初演を聴きに行きますよ(以外とセッカチなベト様はテンポが速かったりして。。)。

交響曲はとりあえずブロさんのと差し換えようと思います。その他のも手持ちのと適宜入れ換えるかも知れません。

響かせて聴きたい方は装置なり部屋なりでセイゼイ響かせりゃ良いわけで、ソース側でこんな過剰サービスは即刻止めて欲しいですね。FrieveAudioにはコンボルバという機能が備わっていて、世界の著名なホールの残響特性をダウンロードしてDSPで音を響かせる機能まで付いています(使った事ないけど)。そのヘンはユーザ側の好みに委ねれば良いのではないのかなぁ。。ソースがこれぢゃぁ取り返しが付かないですよ。とにかく止めて欲しい。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2009年03月12日 (木) | Edit |
このブログを立ち上げたのが先月の2月5日ですから、約1ヶ月たった事になります。

COLOSSALという無料アクセス解析を使用しているので、各記事のアクセス数とかヒットした検索語とかが分かるのですが、本当に読んで欲しい記事はなかなか読んでもらえないなあというのが今の感想です。アクセスが多いのはアンプとかスピーカーの紹介記事ばかりです。

僕が本当に読んで欲しいのは
○ 音場補正の有効性
○ 定在波の重大性あるいはニアフィールドリスニングの優位性
○ 小型スピーカー + サブウーハーの有効性
○ 音源がデジタル化されているこの時代におけるデジタル信号処理の有効性
というあたりなんですけど。。
上記の項目はどれもが互いに密接に関係していて、結局1つの方向性を指し示すものです。

例えば通常サイズのステレオ装置を考えると、
-定在波は低域で支配的となるため、低域を受け持つサブウーハーを中高域用のスピーカーとは分離してリスニング位置のf特が最適となる位置に独立して設置
-メインスピーカーは低域の出力が減衰する小径のスピーカーとする(すなわち低域の音はもっぱらサブウーハー1点から出力されるようにする)
-スピーカー システム全体のf特/位相を最適に調整するためにデジタル信号処理による音場補正が大前提

つまり「デジタル信号処理による音場補正」と「サブウーハー」がキーワードになるのですが、特にサブウーハーに対する皆さんの無関心さにはちょっとがっかりです。

僕は近い将来にフルサイズのステレオ装置においても、ご立派なウーハーを持ったスピーカーを2本も部屋に置くというスタイルは主流ではなくなると思います。これと合わせてデジタルプレーヤーとコンピューターの融合は当然の帰結となるはずです。

オーディオいぢりを始めたのはつい半年前ですが、それだけに先入観なしに普通に考えると、僕の結論はそうなります。

次回から3回に分けてこのコンセプトを計算で検証します。そちらも是非ご参考にしてください。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2009年02月11日 (水) | Edit |
写真の世界でもそうですが、オーディオの世界でも「デジタル」に拒絶反応を示す方がまだ多いようですね。アナログは人間味があって温かく、デジタルは人間味がなくて冷たいという感じでしょうか。どちらも技術者たちの熱い情熱と叡智の結晶なんですがね。

035a.jpg
Nuforce社の小型デジタルアンプIcon
そのコンセプトには注目すべきものがあります。
 
写真の世界でも近いうちにそうなるでしょうが、オーディオの世界ではもう泣いても笑っても音源はほぼ完全にデジタル化されています。であるならば、信号をアナログへ変換する以前にデジタルでできる事はできるだけデジタルのままで処理しておいた方が良かろうと考えるのが極めて自然です。というか、CDが世に出てから随分と経っている割に、その方面の技術が家庭用オーディオ分野に浸透していない事には驚かされました。電線にうつつ抜かしてる場合ではないと思うのですが。。。。

例えば、アンプのトーン調整や、マルチウェイ スピーカーのネットワーク回路、デジタル化によって失われた超高音域信号の擬似的生成、それにスピーカーの機械的設計(バスレフやバックロードホーン等)は、かなりの部分をDAC以前のデジタル信号処理に置き換える事ができるはずです。それによって当然信号にある程度の劣化を来す可能性があったとしても、上記のアナログによる方法でも同等以上の悪影響(特に位相の変化)が出るわけですから、どちらが得か冷静に判断する必要があります。デジタル信号処理では位相への影響を出さずに、あるいは逆に積極的な位相の補正を含めて、極めて急峻で自由度の高いフィルタリング処理が可能なはずなんですが。

036a.jpg
Icon用の専用スピーカーS1
接続にはネットワーク ケーブルを使用
スピーカーはフロントホーン形状として音圧を稼ぎつつ
f特上の癖は専用のイコライジングで補正している
従ってこのスピーカーはIcon以外のアンプとの接続を全く考慮していない

このIconという小型デジタル アンプには専用のスピーカーが用意されており、このスピーカーとはLANケーブルで接続するようになっています。そして、このスピーカーを接続した場合にのみ、アンプ側でそのスピーカーの特性に合わせたイコライジングが行われるようです。LANケーブル内の2本の信号ライン以外のラインを使用してスピーカー側の電子データへアクセスしている模様です。デジタル一眼レフではレンズ側にもチップが内蔵されており、ボディ側のCPUでそれを認識して最適制御を行うのに似ていますね。

カメラの場合はメーカー間の互換性がかなり限定されますが、もしこのような方法がオーディオ業界全体で統一規格化されれば、スピーカー側の設計に大きな自由度が得られるのではないでしょうか。つまり、スピーカー側にイコライジング特性を記録したチップを内蔵しておき、デジタルアンプ側でこれを読み込んで、そのスピーカーに合わせた周波数/位相補正を行うわけです。これによってスピーカー側はかなり思い切った設計ができますし、バスレフ等の低音増強機構や一部のネットワーク回路も省略できるはずです。

信号をそのように改変すると音質が悪化すると言われますが、現在はそれと同じ事をアナログ的に(ネットワーク回路や、スピーカーの低音増強とか、とかく位相的に問題が多い事を)平気でやっているわけですから、原信号がすでにデジタル化されている現代において、それをDAの前に行った方がずっと理にかなっているはずです。たとえば、現在のスピーカーの大部分はバスレフポートで低音を増強していますが、低域がなだらかに減衰する密閉型で低音信号をブーストするのとどっちが得かをよーく考えてみる必要があります。一般的にバスレフタイプは密閉型に比べて低域の位相(遅延群)や共振点以下の出力の急減、風切り音、ポート自体の共鳴音等が問題となります。よーく考えてみた方が良いとおもいますよ。ほんとに。

しかし、いくらスピーカー単体から発せられる音のf特をフラットにしたとしても、実際のリスニング位置では部屋の影響を受けてf特はかなり凸凹になります。ニアフィールドで聴く場合はまだしも、大型システムで離れて聴く場合は部屋の音響特性がもろ効いてくるでしょうから、このあたりを補正するためのデジタル信号処理も、製品に最初から組み込んで欲しいですね。ホームシアター用のサラウンド システムでは測定用のマイクロフォンが最初から製品に同梱されていてDSPによる位相補正もやっているみたいですが、ピュア オーディオを標榜する2チャンネル ステレオでこそもっと真剣にやってみたら如何な物かと思います(特にサブウーハーの積極的利用も含めて)。もしハイエンドでピュアなオーディオの究極の目標がコンサートホールの完璧な再現だとういのであればなおのことです。イヤホンマニ。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。