FC2ブログ
2012年06月17日 (日) | Edit |
最近は仕事中も専らTONO君でネットラジオを聴いています。ベッドでもTONO君を付けっぱなしで朝まで寝てしまう事が多く、殆ど24時間フル稼働に近い状態です。しかし、エジソンさん以来永きにわたって我々人類に明かりを提供し続けてきた白熱電球が、いよいよ生産打ち切りになろうかといういうこのご時世、しかもこれからの季節、真空管アンプを付けっぱなしというのは、ウシロメタクてどうも居心地良くありません。そこで超低消費電力のデジタルアンプを導入しました! というのが今回のオハナシ。

横浜ベイサイドさんでDAYTONのアンプキットを購入しました。
kit.jpg
Dayton DTA-2 クラスT デジタルアンプ モジュール
商品ページはコチラ
■Tripath TA-2024 IC採用
■出力:15W+15W(4Ω)
■電源:12V(2A)安定化電源
■入力:ミニ・ジャック(3.5mm)
■出力:スピーカー端子含まず
■寸法:約70mm(L)x35mm(D)
■2連ボリューム付属
■ACアダプタは付属せず

お値段は2,980YENなり。非常に安価ですが、立派な筐体に収まった100Wの業務用パワーアンプCP400が15,800YENですから、何ら驚くに値しません。しかし、小さなIC 1個だけで15Wx2という点には驚かされます。

このTA2024(Tripath社製)というICは音質に定評があり、各社の小型アンプに多数採用されているとの事です。このチップは電力効率が80%以上と高く、ヒートシンクを不要としています。このご時世にピッタシの省エネアンプと言えましょう。データシートはコチラ

全く同じ基板を使ったDayton製の完成品もあります。
dta1-01.jpg

こちらはACアダプタも付いて5,800YENなり。作るのは面倒臭いので、これを買っても良かったのですが、デザインがイマイチなのと、実はだいぶ以前にICON AMPを実験君中にショートさせて一台壊してしまい、それ用のACアダプタ(DC15V出力)が余っていたので、廃物利用を兼ねてキットを選択した次第です。データシートによると、このICの電源電圧(VDD)はMIN.8.5V、Typ.12V、MAX.13.2Vですが、最大絶対定格(これを超えたら壊れても知らんでぇ。。という定格)は16Vであるため、まぁ、大丈夫だろうと判断しました。幸い、今のところOKのようです。

それでは、LEANAUDIO省エネミニミニアンプ君のお披露目です(名前は未だ無い)。

家内が最近買ったiPod Touchのプラスチックケースに余裕で収納できました。
ampfront.jpg
ボリュームのノブはゴム脚と画鋲で作りました。
ampback.jpg
モノラルで使うので、片チャンネルには8Ωの負荷抵抗を接続しています。入力側は短絡しています。

ampura.jpg
裏面はオシャレ?なシースルー(クリックで拡大してご覧ください)。ICがいかに小さいかお分かり頂けると思います。これで15Wx2。時代は進んだものですねぇ。。ケースの上面と底面には通気用の穴を開けました。熱でプラケースが変形するような事は今のところありません。さすが省エネ君。

ZAP君との記念撮影
tonozap.jpg
IconAMPより一回り小さくなりました。頑張れば、これの半分くらいの大きさのケースに収める事も可能です。

TONO君もお化粧しました。
tonokun.jpg
スピーカを視覚的に目立たなくするために、サランネットを貼りました。ZAP君のイメージカラーはプロフェッショナルなグレーですが、TONO君は親しみやすいアイボリーホワイトです。AirMac Express、イコライザ、アンプを本棚の上に設置し、スピーカケーブルは最短としました。最終的には全部TONO君と一体化する予定です。そのうち。。。キガムケバ。。。。

音質ですが。。例によって、切り換えながらシューチューして聞き分けるといったメンドクサイ事はしていません。数日間フルに使ってみた結果としてはフツーにOKではないでしょうか? TU-870のちょっとホワンとした感じも捨てがたいですが、節電のためにここは我慢しましょう。また涼しい季節になったら交換しても良いかもしれません。いずれにせよ、慣れて、受け入れてしまえば、気になる違いではアリマセン。

TU-870は、元の持ち主のKERO君にお返ししました。
kero.jpg
久しぶりにKERO君を聴きましたが、やっぱりエーワーーーーー。TONO君とは正反対のコンセプトですが、どちらもそれぞれヨロシ。ZAP、KERO、TONO三者三様ですが、基本とするコンセプト「ミュージック マシーン」は全て同じです。もうこれ以上ソーチを増やさぬ事を堅く胸に誓ったハチマルであります。

という事で、電子分野における技術の進歩をマヂマヂと感じさせられた今回のトライアルでありました。次回は、今回の経験を基に、しつこいですが、現在のオーディオを取り巻く状況について考察を加えたいと思います。オッタノシミニ!

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2012年06月03日 (日) | Edit |
昨日カウンタが50万ヒットを超えました。

40万が1月7日でしたから、5ヶ月かかっていません。ご愛読ありがとうございます。

ランキングの方も、久しぶりに3位まで上昇しました。
おかげさまでブログ開設以来、10位以内をコンスタントに維持してこられました。
基本的に、毎日10ポイント(週70ポイント)は自分のアクセスによるポイントですが、それ以外は見も知らぬ読者さんがクリックしてくださったポイントです。
応援をいつもありがとうございます。
ブログを継続して行く上で、ほんとうに大きな励みになります。

ZAPネタは当分無さそうですが、TONO君がらみで次のようなトライアルを考えています。

1) TONOスピーカにデジタルアンプを内蔵してしまおう!作戦
最近はTONO君を聞きながらそのまま朝まで寝てしまう事が多くなりました。ラヂオチューナの方はスリープタイマでOFFにできるのですが、アンプ類は朝までONのまま。このご時世、真空管アンプ付けっぱなしは流石に憚られますし、これからの季節、暑苦しいですよね。という事で、低消費電力のデジタルアンプをスピーカに内蔵してしまおう!という必要に迫られた実用ミッションです。既にアンプキットを入手済み。音質には定評のあるDayton製ですが、メチャクチャ小さくて安くて低消費電力です。これからの時代、スピーカはアンプ内臓(マルチウェイであればマルチアンプ内蔵)、さらにはDACとデジタルチャンデバまで内蔵したものが確実に増えると思います。業務用モニタスピーカでは、アンプ内蔵型が既にアタリマエです。なにせ、最近のデンシカイロは超低コストですからね。オンシツ? 全く必要十分でしょう。そんなもんより、スピーカユニットとエンクロージャのクオリティの影響の方が圧倒的に大きいですし、さらには実用状態での最適化(部屋の影響を補正するための電気的補正機能の内臓)の方がずっと重要です。無線化と合わせて邪魔で鬱陶しいデンセンとドンガラの撲滅がこれからのトレンドだと思います。

2) TONO君を3チャンネル化して遊んでみよう!作戦
ハチマルの知る限り、普通に日常的に音楽を愛聴するヒトビトは、2本のスピーカの真ん中に鎮座ましまして、マンヂリともせずにテーイたらオンジョーたらオネーサンのオクチたらにシューチューしてオンシツをキキワケたりはしません。その時々に応じた居心地の良い場所、おもいおもいの姿勢で、おもいおもいの事をしながら、リラックスして本当に自分が好きな「音楽」に暫しココロを遊ばせます。そのような一般リスナにとって、原理的に2本のスピーカの真ん中で聴かない限り正しく機能しないような2チャンネル ステレオ方式は適さぬでしょう。また、最も重要な中央の音源が実在しないというのは、2ch方式の致命的欠陥であるとも言えます。多くの場合、モノラルの方がずっと「音楽の内容」を聴きやすいのではないかと思えます。そもそも、聴覚の空間認識は極めてあやふやなのに、なんでそんなに視覚的にテーイする事を求めるのか?それがそんなにオモシロイのか?それがそんなにウレシーのか?逆に気色悪いし気が散って鬱陶しいやろ?。。と思うのですが。。。。そのようなステレオ方式がこのように普及してしまった背景には、同じ物が黙って2セット売れちゃうぞ!という、商業的背景が多分に影響したのではないかと勘ぐりたくもなります。メーカにとってはメチャクチャおいしいですよね。プレーヤ以外は基本的な技術開発なしで売上一気に倍増ですもん。そりゃあんた。。。ジュルジュルですわ。。

ステレオ方式はもともと映画館用に開発されたものです(ディズニーのファンタジアが最初とか)。つまり、視覚との併用による「演出」効果を狙ったものであると言えます。それらは中央にもスピーカを配した3ch方式であったと聞きます。そりゃそうですよね。中央列の席でしかまともに聞こえないのでは困りますもん。家庭においても、敢えてステレオ方式による空間的「演出」(ステレオ方式では「再現」は無理)を望むのであれば、本来3ch方式の方が理に適っているように思えます。
そこで、ほとんど未使用のまま保管しているFOSTEX FE87をTONO君に追加して、モノラル主体+サテライト的2スピーカによる3ch方式の可能性を探ってみようかなぁ。。。メンドクサイけど。と考えています。サテライトを天井のアチコチにぶら下げてみて、ベッドでホンワカと音に包まれるような良い気分になれるかな? それとも結局鬱陶しくてモノラルの方が好きかな? といったあたりを遊んでみようかなぁ。という実験君ミッションです。

そんな感じで、TONO君がらみのネタは一応ありますので、気分が乗った時にちょこっと遊んでは、逐次ブログでご報告したいと思います。オッタノシミニ!

今後とも応援をよろしくお願い申し上げます。
お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用