FC2ブログ
2013年09月10日 (火) | Edit |
今日は久々のZAPでの実験君結果です。

仕事中にゴニョゴニョやりながら色々聴いてみた結果、ソコハカトナク良さそうな設定が見つかったので、計測してみました。

まずはツイータ正面で計測した周波数特性です。DAYTONのOmniMic V2計測システムを使いました。このマイクにはメーカーからダウンロードした校正ファイルを適用しています。
jikujo.jpg
軸上約20cmの距離で計測しました。ピンクは2.2μFのコンデンサを直列に接続した特性。青はFrieveAudioで約8kHzの急峻なデジタルHPFを適用した特性です。10kHz以上で特性が右下がりですね(10kから20kで5dB強低下)。

下はFOSTEX FT17Hのカタログデータです。
ftoku_20130910095918e8c.jpg
こちらでもやはり10kから20kにかけて同程度低下しています。計測結果は正しいみたいですね。

次はFrieveAudioで再生した場合のリスニング位置での計測結果です。

条件は以下の通りです。
○ツイータ
- ZAP君の上に上向きに設置(前記事参照)
- 直列コンデンサには2.2μFを使用
- アンプのボリュームはサブウーハで決まるので、ツイータのレベルは聴感を頼りにDACソフトウェアで-9.5dBに調整

○FrieveAudio
- サブウーハにSWチャンネル、ツイータにCチャンネルを使用したフルデジタルの帯域分割
- Alpair 6M(L/R)にはLPFを適用しない(従ってツイータはアドオン)
- L/RのF特補正は8kHzまで適用(いつもの標準設定)
- ツイータのHPFには8kHz以下を最大減衰率で急峻にカットする絶壁フィルタを適用

リスニング位置での結果です。
Frieve 1
グレーがツイータなし(F特補正は8kHzまで)、青がツイータON(上向き設置)、赤がツイータON(正面に向けて設置、レベル設定は青と同じ-9.5dB)です。8kHz以上でツイータがAlpair6Mの高域を補っています。色々試した結果、この設定(青)でソコハカトナク良い感じに聞こえました。

最後にツイータ上方の棚板による反射効果を確認しました。

ツイータの上方約40cmの位置にタマタマ棚板があり、この反射を利用しています。
tana.jpg
棚板の反射効果を確認するため、写真のように吸音材を1枚取り付けてみました。

下がリスニング位置でのF特です。
Frieve 2
グレーがツイータOFF、青がツイータON(上向き設置)、緑がツイータON+吸音材です。棚板君が頑張って働いている事は一目瞭然ですね。このように普通の板でも結構効率良く音を反射してくれます。

という結果でした。この設定で暫く聴いてみたいと思います。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用