FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年05月13日 (日) | Edit |
アクセス解析をチェックしたら、Yahoo知恵袋から11件アクセスがあり、コチラの質問のベスト回答に当ブログの記事へのリンクが貼られていました。

質問の内容は
「音楽をスピーカーで聞くよりも、ヘッドホンで聞いた方が音が素晴らしいと実感できるのは何故なのでしょうか?」
です。

極めて素直な感覚だと思います。かくいうLEANAUDIOも、元々カナル型イヤフォンでの体験をきっかけに始まり、常にカナル型イヤフォンをリファレンスとしてスピーカを開発してきました。

音楽体験の初期からiPod等に親しんだ、従来の「オーヂオザッシ」的オヂサン オーヂオの常識やお作法に毒されていない若い人達には、素直にそう感じる方が多いのではないでしょうか。当ブログでも再三取り上げてきたように、イヤフォン/ヘッドフォンはスピーカに比べて圧倒的に高音質です。何の苦労もセッティングも要りません。部屋の定在波や反射波の影響を受け、大量の空気を巨大なダイアフラムとパワーで駆動しなければならないスピーカシステムでは、どう転んでもイヤフォン/ヘッドフォンに勝てるわけがありません。

問題は、ソースがスピーカ再生を前提に制作されているという点にあります。

以前にも書いたとおり、マニアを除く一般音楽愛聴者たちは「音場」をさして重視しないとはいえ、イヤフォン/ヘッドフォンの性能が飛躍的に向上し、今やオーディオ装置の主流を占めつつある今日において、制作側もこれに早急に真面目に対応して欲しいと願います。今のままでは、その「高音質」が余りにももったいない。ちなみにハチマルは、ヘッドフォンで聴く時には、FrieveAudioで左右の信号を適度にミキシングしています(コチラ参照)。

ハチマルとしては、特にベトベン交響曲全集の真面目なバイノーラル録音盤の出現を切に願います。バイノーラルは音楽再生の最終兵器であると言えるでしょう(しかも超シンプル)。ただし、人工的に過剰演出気味のステレオ方式やサラウンド方式に比べると定位感はあやふやに感じるでしょうから、オヂオマニア的な聴き方をすると物足りなく感じるかもしれません。ライブで聴いている時と同様の感覚で、定位やナンチャラカンなんぞ意識せずに「音楽」に素直に浸れば、自然な聞こえ方で「音楽」を存分に楽しめると思います。ですから、制作側は「立体音響」的な謳い文句を安易に強調してはならないでしょう。近接マイクの音をDSPを使って多少ミキシングする事により、適度に演出するのはアリだとは思います。

補足として、以前に紹介した耳元での再生音響波形とソース波形の比較を再掲します(トランペットとベース)。グレーがソース波形、赤が再生した音響波形です。(参考記事)

1) 密閉型モニタ用ヘッドフォン(SONYで一番上等のやつ)、全く未補正のソノママ
ヘッドフォン
ヘッドフォンは、十分な低周波数域までフラットかつ位相遅れも殆どなく、いとも容易に極めて正確に再生してくれます。何の苦労も要りません。オーヂオ自体を趣味としないのであれば、わざわざ「苦労」なんかしたくはないですよね。

2) 8cmフルレンジ/密閉型(Alpair 6M ZAP)、距離65cm
位相 OFF OFF
低音のレスポンスが圧倒的に不足しているためベースの低周波波形を正確に再生できません。そこでデジタル低音ブーストを適用します。

3) 2)の周波数特性をFrieveAudioで20Hzまで完全にフラットにデジタル補正した結果
位相 ON OFF
スピーカシステムとしては最もシンプルなフルレンジ密閉型ですら、位相遅れにより波形はかなり変形します。特に周波数の低いベースが遅れますが、注目すべきなのは、比較的周波数の高いトランペットの波形も崩れている事です(倍音の出てくる順番が違うように見える)。現在主流を占めるマルチウェイ/バスレフ型の波形は推して知るべしでしょう。カナル型イヤフォンのビシバシに正確なビートを知ってしまったハチマルには、バスレフ型はどうしても受け入れられません。

4) さらに3)の位相遅れを補正した結果
位相 ON ON
密閉型+ニアフィールドリスニング+デジタル補正により、やっとヘッドフォンに匹敵する再生が可能となります。カナル型イヤフォン級の聴きやすさを目標に開発したLEANAUDIOシステムがここに帰結したのは当然の成り行きと言えましょう。

なお、スピーカからの距離が離れると、部屋の影響が強く出るため、完全な補正は困難になります。すなわち「スピーカは小さくて近いに超した事はない」という事です。その究極がカナル型イヤフォンです。

若者がイヤフォン/ヘッドフォン再生で音楽体験を始めるのがアタリマエになりつつある昨今です。知恵袋の質問者のように感じる方がどんどん増えるでしょう。彼らにとっては原理的に圧倒的「高音質」(マニアの言うオンシツではない)のヘッドフォンが基準です。そのように「高音質」(繰り返すが、マニアの言うオンシツではない)に耳が肥えた彼らが現在主流の古典的スピーカシステムに満足できるかどうか疑問です。齢50前にして初めてカナル型イヤフォンを体験したオヂサンのハチマルですら、そうでしたから。。。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年08月20日 (土) | Edit |
大坂に帰省していました。今年はムスコが高校受験なのでヒトリで。

新幹線と実家ではiPodでタップリと音楽を聴くことができましたが、改めてカナル型イヤフォンの圧倒的高音質さを認識した次第です。とにかく音楽を聴きやすい。部屋の影響を全く受けず、極小のダイアフラム1つで超低音まで正確に再生できてしまうのですから(マイクロフォンを反対に使うのと同じ)、原理的にスピーカーでどうあがこうが適うはずもありません。音楽再生装置における電気信号→音響変換部の高音質化(音楽再生クオリティ)を突き詰めれば、イヤフォンに行き着かざるを得ません。「スピーカーはできるだけ小さくて近いに超した事はない」というやつです。再三申しているようにLEANAUDIOトライアルは、カナル型イヤフォンでの体験をキッカケに始まり、スピーカー再生をその聴きやすさに近付ける事を目標にやってきたわけです。ケロにしろ現状のA6 Mシステムにしろ、ほぼ両耳幅にSPを配置した超ニアフィールド システムであり、これは従来のステレオ再生とヘッドフォン再生の中間的存在(非接触型ヘッドフォン)であると言えなくもありません。

これだけイヤフォン、ヘッドフォンが進化し普及した現代において、ソース側が相変わらず専らスピーカー再生を前提に製作されているというのもモッタイナイ話です。特にクラシック(とりわけ交響曲)で、イヤフォン再生を前提とした真面目なバイノーラル録音盤が出てきても良いのではないでしょうか。ただ、バイノーラルの普及にあたって、以前のように「立体音響」とか「臨場感」等の「エンターテインメント性」を強調するとまた失敗するかもしれません。そのへんに期待し過ぎると、人工的に定位感を演出しているステレオソースに比べて物足りなく感じられてしまう恐れがあるからです。そうではなく「ヘッドフォン/イヤフォン再生時の自然な聞こえ方」を強調すべきでしょう。定位なんぞ気にせずに、ライブで聴いている時と同じように聴覚による空間認識の事など忘れて自然に音楽に浸れば良いのですから。本来。。。そうでしょ?違う???なんだったら「バイノーラル」と謳わずに「ヘッドフォン/イヤフォン再生専用録音盤」と表記した方が良いかもしれません。

また、通常のステレオソースをイヤフォン再生で聴きやすくするために、簡単な信号処理機能をプレーヤーに内蔵してくれるとありがたいと思います。イヤフォンで聴く場合、左右が完全に分離するため、録音によっては聴きにくく感じられる場合があります(特にスタジオ録音のジャズ、ベースが完全に片耳だけでしか聞こえないとか)。最低限の機能として単純にL/Rのミックス度合を調整できる(人工的にクロストークを発生させる)だけでも、随分と聴きやすくなると思います。さらには、位相まで処理すればステレオソースから疑似的なバイノーラル化も可能かもしれません(やり過ぎると不自然になるのでホドホドにですが)。

再度申しますが、現代の進化したイヤフォンは、原理的にスピーカー再生よりも圧倒的に高音質です(コマケーマニアックな音質?ではなく、根幹的的音楽生成クオリティという意味で)。その良さを最大限に生かす録音ソースあるいは信号再生方式の出現が望まれます。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2009年02月27日 (金) | Edit |
通常はリスニング位置の音場しか測定しないのですが、今回は場所と距離を変えて測定してみました。

現在の標準的なリスニング位置を始めて正確に計ってみたのですが、左右のスピーカー間の中心距離が85cm、スピーカーからリスニング位置までの距離も左右のスピーカーの中心から約85cmで、ちょうど正三角形に近い教科書通りの配置になっていました。スピーカーは約15°だけ内側に向けているので、軸上から約15°ずれた位置で聴いている事になります。部屋はマンションの5.5畳なので、かなり狭いです。

下図はスピーカーをデスクの前端に置いて、中心軸上約20cmの距離で測定した結果です。ほぼスピーカーの素の特性と考えて良いと思います。今回の測定は全てサブウーハーと音場補正をOFFにしています。
125.jpg
200~800Hzに特性の落ち込みありますが、20kHzまでほぼフラットな特性が得られています(マイクの定格は16kHzまで)。スピーカーには例のノーチラス尻尾を付けているので、100Hz以下は約12dB/octで綺麗に減衰する典型的な密閉型の特性を示しています。

これを基準に、通常のリスニング位置と、もっと離れた位置での周波数特性を比較してみました。

. 
下が標準的リスニング位置の特性です。スピーカーはテーブル前端ではなく通常通り奥の方に置いています。従ってテーブルトップと背面の壁からの反射を受けると考えられます。
127b.jpg
50Hzのピークと75Hzの落ち込み、および1kHz以上の領域の凸凹が目立ちます。また、軸上から約15°ずれているために10kHz以上の高域が減衰しています。この位置では200~800Hzの落ち込みはありません。

次にスピーカーを再びテーブル前端に置いて、軸上135cmの距離で測定したのが下の図です。
128.jpg
今度は40cmの結果と重ね合わせています。
75Hzがさらに酷く落ち込み、逆に50Hzのピークはレベルが増加しています。200~800Hzではいくつかのピーク/ディップが見られます。部屋が狭いとはいえ、たかだか1mちょっと離れただけでこのように大きく変化するとは予想していませんでした。距離が増えるとS/Nの低下によって細かいピークの振幅が増えますが、高域側は平均的なラインで見る限りほとんど重なっています。標準リスニング位置のような高域の凸凹も見られません。距離が離れてもスピーカーの真正面で聴く限り高音はそのまま耳に届くと言って良いと思います。

<注意>
アンプのボリュームは全て一定で測定しています。従ってマイクの入力レベルは距離が増えるほで低下します。しかしFrieve Audioは縦軸の0dB位置を信号レベルに合わせて自動調整するため、全体的な音圧レベルの違いはグラフには現れませんが、距離が離れるとS/Nが低下するのでヒゲ状の細かいピークが目立つようになります。ですからグラフの細かいギザギザは気にせずに見てください。今度やるときはマイク入力がほぼ同一となるようにアンプ側で調整した方が良いかも知れません。

このように、スピーカーから出る音の特性がフラットであっても、実際のリスニング位置の特性は部屋の影響を受けて激しく変化します。 一度でも音場補正でフラットな特性の音を聴くと、もう以前の音は聴けなくなります。如何に今まで癖のある音を聴いていたかが身にしみて分かるはずです。

しかし極端に強い反射の影響は音場補正でも補正しきれないでしょうし、また無理矢理補正したとしても正しい結果が得られるとは思えません。多くのベテラン オーディオ マニアが口を酸っぱくして言うように、高級なオーディオセットを購入する以前に部屋の音響特性を整える事が重要であると言えます。

ただしそれも専用のリスニングルームがあればそれ相応の吸音対策もできるでしょうが、一般のリビングルームでは限界がありますし費用もかさみます。これに対して今回の結果を見れば明白ですが、スピーカーに近づいて聴く事が最も簡単で効果的な対策であることがお分かりいただけると思います。

スピーカーに近づく事によって直接音に対する反射音の比率が下がって周波数特性がフラットに近づくだけでなく、同一音圧を得るのに必要なアンプ出力も下がり、従ってスピーカーの振幅も下げられます。音場補正の量も最小限に抑えられます。これらは音質的にも装置コスト的にも有利な方向に働きます。音が拡散する前に耳に届くため小さなスピーカーでも低音が聴き取りやすくなります(究極のニアフィールドリスニング装置であるカナル型イヤフォンがあのように小さなダイアフラムで超低音を再生している事を考えてください)。サブウーハーも近接して聴く限り極めて小さな出力でダイレクト感のある低音が得られます。
装置を大きくして離れて聴くと上記の利点が全て反対に働きます。

本当に快適かつ経済的に音楽を楽しみたいのであれば、
是非 ニアフィールドリスニング + 音場補正 を試してみてください。

これが僕の提案する LEAN AUDIOです。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2009年02月17日 (火) | Edit |
当然ですが、人によってそれぞれ再生音に求めるクオリティや評価基準は異なります。

今回のオーディオ トライアルを通して、僕が再生装置に何を求めているのかが少し明確になったような気がするので、下記の項目にまとめてみました。

1) 聴きやすさ
2) 低音
3) 音量
4) 臨場感とか定位感
5) 原音再生
6) 生演奏か再生音か
 
1)聴きやすさ
僕にとって一番重要なのは「聴きやすさ」です。聴きたいと思った楽器の音がストレスなく聴きとれることを第1に求めます。このため、カナル型イヤフォンが今回のトライアルのリファレンスとなりました。例えば僕の場合ジャズのベースラインの聴きやすさが1つの重要な基準となります。当然、反射音の影響が少ないニアフィールドリスニングが僕には合っています。カナル型イヤフォンは究極のニアフィールドリスニング装置ですね。

2)低音
クラシックの交響曲を聴く時には、やはり低域の再生能力が欲しくなります。盛り上がりの部分の楽しさは低域側の再生帯域が足りないと半減してしまいます。ジャズのベースラインを追いかけるだけであれば、そこまでの低域再生能力は必要ありませんが、サブウーハーで低域側に余裕が出た事によってベースラインがよりストレスなく聴き取れるようになりました。しかし「迫力のある」低音とか身体に感じるような重低音とかは全く求めません。逆に邪魔です。僕の求める低音は、あくまで「聴きやすさ」の延長線上にあります。

3)音量
コンサートホールと同じ音圧の再現を理想とする方も多いようですが、僕は聴きたい音が十分に聴き取れる以上の音量は求めません。アンプの出力は2Wくらいしか使ってないと思います。逆に音が大きすぎると「聴きやすさ」が損なわれます。また、狭い部屋でそのような音量で再生したら、僕は重圧感で30分も聴いていられないでしょう。同じ音圧でも壁に囲まれた狭い室内と広いホールで聴くのでは、あるいは実際に演奏者が前方に存在するのとしないのとでは、物理的にも心理的にも条件が異なり過ぎます。僕はライブで聴くのと再生音を聴くのは全く別の体験として扱います。

4) 臨場感とか定位感
特に重視しません。もともとライブ盤は好きではなく、最初からステレオ再生を想定してセッティングされ慎重にミクスダウンされたスタジオ録音の方が好きです。ステレオシステムで音場を正確に再現する事など理論的に無理ですし、また可能であったとしても僕には重要な評価基準ではありません。部屋で再生音を聞いている瞬間そのものが独立した実体験すなわちライブですから。定位もあまり気になりません。フルトベングラーとかマイルスの古い録音はモノラルですが、特にステレオに劣るようには思えません。逆に真ん中に全てが定位するので聴きやすく感じる場合もあります。

5) 原音再生
これも必要以上はに重視していません。さすがにPCのオンボード サウンドデバイスは許容できませんが、まじめに作られたオーディオ用のそれなりの装置であれば僕には十分です。スピーカーで音が発せられるまでの部分が原信号に対して正確極まりなく作動したとしても、その後の部屋の反射の影響が大きいのではないかと思います。原音再生や臨場感(音場の再現性)を突き詰めるのであれば、再生場の反射の影響を受けないヘッドフォン再生(バイノーラル録音)の方が向いていると思います。

6) 生演奏か再生音か
一流ではあるが凡庸なミュージシャンの生演奏か、それとも人類の歴史に残るような超一流ミュージシャンの渾身の名演奏の録音盤か、どっちかだけといったらどっち取ります? 僕なら迷わず後者の方を取るな。それが今回の結論。僕にとってライブで聴く事が至上ではないし、従って再生音がライブにどれだけ近いかも至上の基準ではないという事です。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2009年02月06日 (金) | Edit |
携帯電話にジャコ コレクションとフルトベングラさんのベトベン交響曲全集をコピーしてカナル型イヤフォンで聴いてみて音楽の(特に低音の)聞きやすさに驚いた事が音楽熱の再発とオーディオいぢりに手を染めるきっかけとなりました。
そして程なくMP3プレーヤともうちょっと上等なイヤフォンを購入。

005a.jpg
Victor Alneo XA-V80

妻と息子がiPod nanoを買ったのを見て俄然欲しくなり、ネットでいろいろ調べた結果iPodは音質的にあまり評判が芳しくなかったのでVicotr製のAlneo XA-V80というモデルを購入しました。f特を好みに合わせて調整できるグライコや、圧縮によって失われた高音域を補完するアルゴリズムが組み込まれていたりと、オトにこだわった高機能型です。iPodとわざわざ音質比較するような面倒くさい事はしてませんが、機械としては十分な性能を備えていると思います。

音質で最も重要となるイヤフォンには、ネット上でやたらと評判の良かったSONY製のMDR-EX500SLというカナル型イヤフォンを購入しました。低音がしっかりと聴き取りやすく、高音もトゲトゲしくなくてVERY GOODです。イヤフォンも高級品になるとぶっ飛び高価になるのですが、このモデルは実売1万円を切るので感覚的にぎりぎり許容範囲内です。

MP3プレーヤーを使ってみてその便利さに感激しました。仕事しながらベト1からベト9までノンストップで流したり、マイルスのアルバムを年代順に一気聴きなんて事が楽勝にできます。面倒くさいCDの入れ替えが全く不要なのが不精者の僕には最高に有り難いですね。だいたいCDの中身とジャケットが一致しないので欲しい曲を探すのにも一苦労で、その結果同じCDが半年くらいプレーヤーに入ったままなんて状態でしたから。いやほんまに。

高性能カナル型イヤフォンの聴き取りやすさときたら。。。。超低音までしっかり聴き取れます (なにせカタログの最低周波数は5 Hz!!)。それまでベトベンはどちらかというとピアノソナタとかチェロソナタを多く聞いていたのですが、低音が良く聞こえると俄然交響曲を聴く機会が増えました。

僕は在宅で仕事をしていてしかも出不精なたちなので、外出中にMP3プレーヤーを聞く機会はあまりありません。当然ですがスピーカーで聞きたくなります。そこで手持ちのDENON製システムコンポD-ME33のライン入力へAlneoのヘッドホン出力をつないでしばらく聞いていました。

006a.jpg
AudioTechnica製の結構ちゃんとしたケーブルとアダプタを使用してコンポのLINE INへ接続


しかしアンプの入力ゲインが低すぎてボリュームを相当上げないと十分な音量が出ず、また音量を上げても音が奥へ引っ込んだ感じで元気な音が出てきません。入力をFMへ切り換えた時に大音量が出て慌てることもしばしば。それに14cmウーハー付きの2ウェイという結構見た目立派なスピーカーもデスクトップに置いて小音量で聞くには向いているとは思えません。カナル型イヤフォンで聴くような明瞭なサウンドをスピーカーでも聴きたいという思いがつのります。

それでとうとうオーディオいぢりへ一歩踏み出す事になってしまいました。
LEANAUDIOトライアルのハジマリハジマリです。

にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ

ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。